絶対にできるようになってやる!・・・【学習塾】

絶対にできるようになってやる!」と思って問題を解くのと、

とりあえず時間になるまでなにかやってないと叱られるから」と思いながら問題を解いているのでは、当然のことながら結果が違ってきます。

KOSHIN学院に「初めて」やってきた生徒では、圧倒的に「後者」が多いんですけどね。

成績が悪い生徒が入塾してきた場合は、こういう「精神的なこと」をたたき直さないといけません。

精神論だけでは受験はできないという人もいますが、それはTOP争いをしている一部の生徒の話。

成績の悪い子の99%は既に気持ちで負けてるの。

できるようになったら良いな~!」なんて言ってたら永久にできるようになんかなりません。

どの塾だって「成績があがっている生徒」は、それはすごい量の勉強をしているの。

ただし上手な先生は、それを「苦労している」となるべく思わせないように持って行くけれど。

うちだって、ヤタラメッカチ根性論を全員に振りかざしているわけじゃないの。

そもそも戦う姿勢が見られない生徒に、必要最小限の根性論をとなえているだけ。

それを「コワ~イ!」なんて言って泣いている子は、KOSHIN学院ではお預かりイタシマセン!

小学生の子達だって、一生懸命頑張っているんですよ。

勉強できない子のパターン

  • そもそも何が分からないかすら分かってない。
  • 説明をしてあげても、その続きをやってくるだけで、そもそも問題が頭に入ってない。
  • 先生に解いてもらって、「なるほど~!」と言って、その後その問題をもう一度自分でやり直したりはしない。

私はこの仕事を三十年以上やってきましたが、三十年前から「できない子」のパターンは変わらないの。

本当にできるようになりたければさ!

 

やらなくてはいけないことがたくさんあるんですよ。

先生に質問して教えてもらったら、もう一度「自分のチカラだけで」解けるか確認してみるとか。

酷い生徒になると、塾で座っていれば「先生が教えてくれる」と思っている子もいるの。

そりゃ塾ですから教えますよ!

しかーし!

その前にやらなくてはいけないことがあるの。

まず

  • 自分で問題を解いてみるの。
  • 分からなかったら、これはどういうことなのか教科書などで調べてみるの。
  • いろいろやっても分からなかったら、その時初めて先生に質問するの。

ですよ。そういう「当たり前」のことができないから、成績が悪いのです。

中学生になってから、成績が悪いからと塾に来る子の場合、こうした基本的なことを小学校6年間何もやらないできちゃった子が多いの。

今まで染みついた悪しき思考習慣を断ち切らない限り、前には進めないの。

だから私は「最初から厳しい」の。

そのように指導したら「塾長怖い」と言ってママに泣きついた中学生男子がいるんですけどね、ごめん、ここはそんな考えの子が来るところじゃないの。
※その生徒は、その後ものすごく母親に叱られてましたけど。

あんまりダラダラ書きたくないから、もう一度だけ書きますね!

絶対にできるようになってやる!

そういう気持ちを持って取り組まなければ、何をやっても上達しません。

勉強をする」というのは、そういう世の中に出たら絶対に必要な「心得」を学ぶことでもあるの。

あ~あ、今日も厳しいこと書いちゃったなぁ。 でもこれが「現実」なんです。

それでは今日はこのへんで。また来週お会いしましょう。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、頑張っている生徒をトコトン応援する学習塾です!】