十年後・二十年後の自分を考えなさいと言われても・・・【学習塾】

若い頃の話で恐縮です。よく人生の先輩に十年後・二十年後の自分を想像してみなさいと言われました。

【小学生の頃に考えた十年後・二十年後】

お相撲さんか、プロレスラー。電車の運転手・バスの運転手。

【中学生の頃に考えた十年後・二十年後】

プロ野球の選手。歌手(沢田研二になる)。

【高校生の時に考えた十年後・二十年後】

歌手(沢田研二になる)。

【大学生の頃に考えた十年後・二十年後】

週休二日制で、夕方5時に終わる企業。仕事はハンコを押すくらい。転勤・残業いっさいイタシマセン。仕事が終わったらビールを飲みながらナイターを見る。

バカだったよね~(・_・、)  Σ(‘0’*)(・・*)(・・、)。・゜゜・(>O<)・゜゜・。

本当に世の中を舐めてました。この程度の人間でしたから「社会人」の洗礼を受けたときはショックの連続でした。

今でこそ「パワハラ」「アルコールハラスメント」なんていう言葉がありますが、そりゃもう毎日酷いイジメに遭っていました。パワハラなんて日常茶飯事でした。

気がついたときにはどうにもならないほど追い込まれていました。

学校教育で一番欠けているもの

もし仮に若い頃の自分が「今の自分」と出会っていたら、いろいろなことを教えてもらっただろうなと思うのです。

  • お金を稼ぐとはどういうことなのか。
  • お金をもらうにはどうすれば良いか。
  • そもそも「働く」とはどういうことなのか。

学校で「教えてくれなかったこと」と言えば、上記3つだったような気がします。

少なくとも「お金を稼ぐ方法」なんて、先生も親も教えてくれませんでした。

社会人になってからも「お金の稼ぎ方」を教えてくれる上司はいませんでした。

会社に勤めればお給料をもらえる

その程度しか思っていませんでした。

ところがギッチョンチョン。独立開業して初めて分かってきたのです。

会社はお金をくれない。誰も助けてくれる人なんかいない。

自分でやるしかないんだ!

KOSHIN学院を作った当初は、手伝ってくれるアルバイトさんもいませんでした。

大手塾に勤めていた頃は、

  • 広告を作る。
  • 月例通信を作る。
  • 教材やテストを作る。

などは手分けしてやったり、上層部がやってくれていました。だから心のどこかに「お金は会社がくれる」という感覚がありました。

でも独立開業したら、何から何まで自分でやらなければなりません。

  • 確定申告などの事務処理
  • 広告宣伝

など枚挙に暇がありません。(あげたらきりがないの意)

生まれて初めて「自分の生徒」だと思えた

勤めていた頃も「自分の生徒」だと思っていたけど、しょせん「※※塾の生徒」であって、自分の生徒ではありませんでした。

ところが独立開業してみて初めて「これが本当の自分の生徒」だと思えたのでした。ですから「可愛いのレベル」が違いました。

生徒が可愛くてたまらないと思っているうちに、独立開業から23年が経ちました。

今思い起こすと、若い頃考えていた「十年後・二十年後」とは全く違うところに来てしまいました。

ですから、生徒や卒業生に「将来の夢」って変わっても良いんだよとお話ししています。

私が学生の頃には「塾の先生」という職業は、社会的に認知されていませんでした。

せいぜい身体の不自由な方が、自宅でする仕事という程度の認識でした。
※予備校はすでにありました。しかし現在「大手塾」を名乗っているところでも、まだ存在していなかったか、ごく小規模にやっているていどでした。

ですから、学生時代に「塾の先生になりたい」という発想などありえませんでした。

あの頃は、全く「塾の先生になる」なんて考えたことありませんでした。

あれから40年。

今では若い方が、どんどん塾業界に飛び込んできます。そして若い先生がどんどん「独立開業」して、自分の理想を追求されておられます。

こんな風に「人の人生」なんて、どこでどう変わるか分かりません。

ただひとつだけ、若い方(生徒の皆さん)にお伝えしたいのは、

私はその時々で「一生懸命」に、場合によっては「死に物狂い」で頑張ってきました。

特に「こうなりたい!」という理想の塾の形があったわけでもありません。

いろいろな生徒さんと出会って、「あ~でもない、こ~でもない」と試行錯誤していたら、現在のKOSHIN学院になったのです。

正直なところ、ずいぶん失敗をして、生徒を苦しめただけで終わってしまったこともありました。

ただ「その失敗」が、現在のKOSHIN学院を作ったのです。

少子化とか言われますが、どうしてどうして、世の中にはたくさんの子ども達がいます。

この子達が将来どんな人生を歩むのでしょうか。

私の生き方が正しいのかどうかは分かりません。でも58歳になる今日まで、このやり方で生きてくることができました。

我が塾の可愛い生徒達も、いずれ世の中に出てそれぞれの道を歩むことになるでしょう。

自分で思い描いた通りの人生にならないことが多多あるでしょう。

でもね! その時々で一生懸命頑張って欲しいんですよ。

一生懸命ヒッシに頑張ってれば、人生なんてどうにかなりますし、ある時ふと振り返ると、そこに「」ができていますから。

私の最大の持論ですけどね・・・

どんなことでも一生懸命やらなければ楽しくない!

のですよ。

友達と遊ぶのも、食事をするのも、勉強も、受験も、仕事もです。

一生懸命がんばって、「あなたならでは」の人生をおくってくださいね!

中3生のみなさんは、まず目の前に高校入試があります。変な言い方ですけど、高校入試も一生懸命やると楽しいですよ!

それでは今日はこの辺で。また来週お会いしましょう。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する学習塾です!】