男の子は「やらせなければ」やらない・・・【学習塾】

タイトルの通りです。男の子のほとんどは「勉強はやらせなければ」やりません。何十年も塾の先生をしてきましたが、何も言わなくても自分からすすんで勉強する子は、すごく少ないです。

それと、「男の子は計画を立てて実行する」のが苦手な子が多いんです。

KOSHIN学院でも年に何回か「保護者面談」を行います。面談に来てくださるのは、圧倒的に「お母さん」が多いんです。

当然「お母さん」って女性です。だから「女の子の気持ち」って実体験としてあるんですけどね。

なんで男の子ってこんなにだらしないんだろう!

そう思われている「お母さん」が多いのです。

カバンの中も机の中もゴチャゴチャ。帰宅してもお弁当箱はカバンに入れたまま。学校で配られたプリント等はぐちゃぐちゃ。

教科書には落書きだらけ。しかも、もらったばかりなのにビリビリ。

女の子の視点」からすると、宇宙人のように理解できないんじゃないかな。下手をするとご主人もカバンの中がゴチャゴチャ。という・・・。

実は私もそうなんですよ・・・

私の場合は整理整頓は嫌いじゃないんですけどね。「やり出すと止まらなく」なっちゃうの。

ですから、ちょっとそこいらを片付けようなんて思うと、いつもまにか大掃除になっちゃうんです。

しまった!

話がそれてしまいました。

では男の子は、本当に計画を立てたり、整理整頓したりが苦手なのでしょうか。

確かに小学生・中学生くらいまではグチャグチャな子が多いのですが・・。

会社」などではどうでしょうか。ものすごくきちんと計画を立てている人多いですよね。

もちろん「上司」から「計画書」の提出を求められるからやるというのもあるでしょうが。

つまり「やれ!」と言われれば「やる!」んですよ。

やらせればやるのです!

ただし!

女の子に比べると、相対的に男の子は大雑把なところがありますから、

こうして、こうして、こうやってから、ああやるの!

と、女の子以上に「具体的に」指示を出してあげる必要があります。

KOSHIN学院の場合ですと、試験が近付いてくると「計画を立てて勉強しなさい!」と言われて、ちゃんと計画を立てながら勉強できるのは、女の子でも成績上位の子(意識の高い子)くらいです。

ほぼ男子全員と、意識の低い女の子は計画的にご利用できない子が多いのです。

そこでKOSHIN学院では試験前になると、アシスタントスタッフの中でもベテランの女性にお願いして、生徒1人1人に「計画書」を作ってもらっています。

能力や学力の差もありますし、進むスピードもみんな違うので、その辺りを考慮した計画を作ってもらいます。

しかーし!

敢えて私はその計画をチェックしないことにしています。

もし私が全て介入して、その計画通り全生徒をキッチリ勉強させたらどうなるでしょう?

ほとんどの生徒がやり切れなくなって、泣きが入っちゃうことでしょう。本気で1日30ページとかやらせようとしますから(笑)
※でもちゃんと見ていますよ!

本当に30ページやれる生徒もいます。でも5時間かかっても1問も解けないレベルの子もいます。
※さすがにこういう生徒には退塾勧告を出しますけど。

また、話がそれました(・_・、)

アシスタントスタッフが「計画をたてる」のを見た生徒達が、だんだんそれを真似するようになるんです。

最初は上手にできない生徒もたくさんいます。

しかーし!

下手くそでも良いから、少しずつでも良いから自分でやらせるんです。
※「下手くそでも叱らないから、まずやってごらん!」という声かけを忘れてはいけません。

そうすると、だんだん自分でできるようになってくるんです。

やっているうちにドンドン上達しますから。

一番最初だけは手を貸しますが、次からは少しずつ自分でやれるようにしていくのです。

あっ! これって「勉強」と同じですね~!

男の子も女の子も関係なくて、やっぱり「自分でやる!」ように導いてあげたいものです。

この感覚こそが、KOSHIN学院の生命線みたいなもんですから。

さて、明日は本当はオフにしようと思ってたんですけどね、中2の生徒が、明日は試験前なので塾を開けて欲しいって言うんですよ。良い子達だ!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張っている生徒をトコトン応援する学習塾です!】