今年の授業も残り1日なのですが・・・【学習塾】

高校生の時くらいまでは「お正月」が楽しみでした。大勢人が集まってワイワイと賑やかでした。

大学生の時は「正月=バイト」でしたので、人並みに新年を祝うなんていう感じじゃありませんでした。

同年代の年中が彼女を連れてイチャついてるときに、こっちはバイトで走り回ってました。

そんなことがあったので、正月は休める企業に就職するのが目標でした。

そして社会人になってからは、正月三が日はお休みを取れるようになったのですが・・・

しかーし!

塾の先生になってからは、正月なんてただ身体を休ませるだけの日になってしまいました。

以前勤めていた塾では、冬期講習なんていうと朝8時から夜9時過ぎまで、食事をする時間もなく授業があって・・・。

ということは朝6時には家を出て、帰宅するのは夜中の12時過ぎなんて普通でした・・。だから

生きてるのがやっとでした!

独立開業してKOSHIN学院を作ってからも、朝から晩まで冬期講習なんていう時期が続きました。

しかーし!

時代が変わってきたのでしょうか、私が衰えてきたのでしょうか・・

あまりにも長い時間勉強させても、あまり意味が無いように思えてきました。
※一部やる気満々の頑張る生徒は別です!

  • 塾で勉強しているから家でやらなくていいや。
  • 塾で勉強しているのではなくて、ぼ~っと時間を潰しているだけの生徒も多く。
  • 朝から授業を組んでも、結局部活で授業に参加出来ない。

そういう生徒が多くて・・・

そう嘆いていたときには、もう塾なんかやめようか・・と思ったりもしました。

一生懸命頑張っている生徒のために!

しかし、当時も真面目に頑張っている生徒はたくさんいました。一部やる気のない連中にペースを乱されて、塾を閉鎖しようかと思った私がバカでした。

一生懸命頑張っている生徒がたくさんいるのですから、私はそういう生徒のために心血を注ぐ決意をしました。

例えばKOSHIN学院の冬期講習は、

17:00~19:00

19:30~21:30

の二部制なんですけどね。正規塾生はとちらかの時間帯を選択して、授業を受けることになっています。冬期講習期間中は原則として「毎日」通塾することになっています。

意外と授業時間少ないと思われた方もいらっしゃるのでは?

ふっふっふ。

真面目な生徒は、この両方の時間帯の授業に参加してます。それでも月謝が増えないのがKOSHIN学院です。
※だから儲からない・・

しかーし! ところがギッチョンチョン!

実は5時よりもずっと前の時間から塾に来て勉強している生徒もけっこういるのです。

なんだかんだ、結局私の勤務時間は超ロングになってしまいます。

何度も繰り返しますが、KOSHIN学院は一生懸命頑張っている生徒をトコトン応援する学習塾です!

一生懸命頑張っている生徒は、ものすごく恩恵を受けることができる学習塾なのです。

チンタラやっても、ものすごく頑張ってたくさん教えてもらっても、月謝は同じです。

ちょっと考えれば、どちらが得かすぐに分かると思います。これからもこの方針は変えません。

年末と言われても・・・

年末で、年内の授業があと1日と言われても、特別な気持ちがわきません。

年が明けて、月がかわったら「いよいよ本格的入試シーズン」に突入です。

私の体力がもつかどうか、毎年ギリギリの戦いが始まります。先ほども申しましたとおり、すごく真面目な生徒達は「学校が終わり次第」塾にかけてつけて、ヒッシに勉強を始めます。

学習塾にとっては、まさに正念場です。

ですから、「わぁ~い! お正月だぁ♪」なんていう悠長な気分には全くなれないんです。

来たるべき決戦に備えて、正月は身体を少しでも休めておきたいとしか思えないんです。

塾の仕事を続けている限り、この緊張は続くことでしょう。

しかーし!

心血を注いで面倒をみてあげることができるような生徒がいてくれるということは、私にとっては何よりも幸せなことなのだと思います。

塾長! 助けて~!

という生徒や保護者の皆さんの声が聞こえてきます。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張っている生徒をトコトン応援する学習塾です!】