全然勉強できなかった小学生が・・・【学習塾】

凡そ1年前に入塾してきた小学生がいます。とにかく「壊滅的」に全く勉強のできない子でした。

正直なところ「お預かりするかどうか」ものすごく迷った子でした。

ところがギッチョンチョン!

この子はものすごく真面目な生徒で、「毎日休まずに」塾に通ってきました。

すると、あれほど壊滅的だった算数も、今では比例反比例の問題を解くようになってきました。

どのように指導したのか!

こうした生徒の場合は、「1科目に絞ってあげる」ことから始めます。確かにどの科目も気になるのですが、そんなことできるくらいなら、こんな成績になっていなかったわけですから。

私のオススメは、「まず算数の計算!」を徹底的にできるようにさせてあげることです。

今日ちょっと笑えない事件がありました。ある中学生に

52÷2っていくつだ?

って聞いたのです。ところが52÷2を暗算でできないのです。

そこで

50÷2は? と聞くと「25」と答えられました。

2÷2は? と聞いたら「1」と答えられました。

だから25と1をたせば良いんだよ~♪ と言ったら、あっさり52÷2を暗算でできるようになりました。

この中学生は、ものすごい頑張り屋さんなので、塾に来る前は苦手だったことでも、一生懸命頑張って、こういうことを教えてあげると、すぐに「自分の物」にしていきます

やっぱり「素直に一生懸命やる子」はできるようになるんですね。

しかーし!

基礎ができている生徒の何倍も時間がかかるんです。ということは、できる子の何倍も努力しなくちゃいけないんですね。

小学生だから1科目に絞れたのであって・・・

仮に「中学3年生で勉強が壊滅的」な生徒が来たとします。中学校では「内申」(学校の成績)が出されます。内申点が足りなければ高校に行かれません。

そう考えると、いくら勉強ができないからと言って「1科目」に絞ることは困難です。

ですから、「少し怪しいかな?」と思ったら早めのパブロンなんです。

中学生になる前に、最低限のことはできるようにしておきましょう!

まあ、確かに勉強だけが人生じゃないかも知れません。

しかーし!

やはり「高校入試」というものがあるわけですよ。

なんの準備もしない子」が、簡単に合格できるほど入試は甘くありません。

そう考えると、やはり小学生の時から既に勝負は始まっているわけで・・・・。

小さな成功が大きな成功の源になる!

まずこれをできるようになってみよう!

そう言われて、そのことを本当にできるようになると、とても嬉しいものです。

そうなると「では、次に今度はこれをできるようになってみよう!」という話になります。

こんなことを続けて行けば、いつの間にかすごいことができるようになります。

冒頭で紹介した小学生は、まさにその典型です。

あんなに「どうしましょう」という子だったのに、今では「比例反比例の問題」を解くまでに成長したのですから。

そして、その生徒のお母様もエラかった。

さすがに2人分の月謝は厳しいと仰ってたのですが、意を決して小学生も(うえに中学生の塾生がいる)、入塾させてくれました。

それでも最初はできなくて、泣いて帰ることもしばしばありました。

でも、お母さんも一生懸命励まして、毎日塾に送り出してくれました。

最初は嫌がることもあったそうですが、今では塾が楽しくて、どんどん毎日通ってきます。

最初のスタート」は本当につらかったと思いますが、親子共々エラかったと思います。

まだ「完全にできるようになった」とは言い切れませんが、しかしもう大丈夫でしょう。

ここから先は、私に「別の責任」が、のしかっかってきますね。

まず1科目! しかも計算問題をしっかりできるように!

小学生で、すでに少し怪しいと思ったら、ぜひ早めにご相談ください。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は一生懸命頑張っている生徒をトコトン応援する学習塾です!】