KOSHIN学院塾長に10の質問(その1)・・・【学習塾】

最近若い塾長先生から「長く塾を続ける秘訣」は何ですか? と聞かれることがあります。

私は「植物の蒸散作用」と似ていると思っています。蒸散って植物が葉っぱから水分を放出することです。

主に二つの作用があります。

  • 植物の体内の温度を調整する。
  • 新しい新鮮な水を根から吸い上げる。

塾の運営も、生徒指導も、この「蒸散」のようなことが必要なんだと思います。

つまり「新しいこと」にどんどん挑戦していくことです。そして「新しい生徒」が来てくれると、塾は常に「新鮮」でいられます。

Q1:塾長は生徒をどんな存在だと思っていますか?

基本的に「塾にいる間」は「自分の息子・娘」と思って接しています。まず最初に「好きになること」から始めます。

好きになるって難しくて、「すぐに好きなれる人」もいれば、「好きになるのに時間がかかる人」もいます。

しかーし!

なかなか好きになれない人でも、色々と話し合いをしたり、お互いの意見を交換して、相手のことが理解できると好きになっていきます。

ただ「本当の親子」ではないからこその距離感で、生徒と過ごせるのが良いですね。私が本当の親だったら、もっと口うるさいこと言っちゃいそうですもん。

Q2:KOSHIN学院をどういう塾にしたいですか?

ひとことで言っちゃうと「明るく楽しく厳しい学習塾」にしたいですね。

活気のある塾とでも申しましょうか。塾に行くのが楽しみで仕方がないんだけど、

しかーし!

勉強もしっかりやるの。勉強ができるようになって嬉しいから、また頑張っちゃうような生徒の集団にしたいですね。

Q3:どんな生徒が好きですか?

非常にシンプルです。「一生懸命頑張っている生徒」が大好きです。

どんなことでもそうですが、面倒くさそうにダラダラやっても面白くないですよね。

例えばディズニーランドに行っても、ダラダラ面倒くさそうに歩いてたって楽しくありません。

でも「せっかくディズニーランドに来たのだから!」と思って、一生懸命遊ぶとすごく楽しいです。

一生懸命やると楽しい」←実はこれ、卒業生に教わったんです。

いつも塾で楽しそうにしている女の子がいたんですけどね、なんでこんなに楽しそうなんだろうと不思議に思ってました。

するとあることに気がついたんです。

彼女は「どんなことでも一生懸命」なんです。勉強も、おしゃべりも、学校も、部活も。

そこで、私も真似をしてみたんです。

すると驚いたことに「本当に楽しい」のです!

一生懸命授業して、生徒に一生懸命分かってもらうように努力し、一生懸命生徒の気持ちを理解しようと努力して、一生懸命楽しんでもらうの。

だからダラダラやってる子にも「一生懸命やることの楽しさ」を知ってもらいたいですね。

さて、とりあえず今日はここまでにします。まだ「3問」しか答えてないですね。続きはまた明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張っている生徒をトコトン応援する学習塾です!】