叱らない教育とか言ってる評論家・・・【学習塾】

いろいろな教育情報誌などを見ていると、「子どもを叱ってはいけない」とか「叱らない教育」などと言ってる評論家が多いんですけどね。

だったら叱らないで、うちの生徒をできるようにしてみろや!

と言いたいです。

しかーし!

確かに「叱ってばかり」じゃだめです。それじゃ帝国時代の軍人教育みたいなもんですからね。私もそれは絶対に反対です。
※時代が違いますもんね。

明日は地元の中学校で数学の再試験があります!

KOSHIN学院の地元の平塚市立神田中学校では、明日中2全員「数学の再試験」が行われるそうです。

中2の学年末試験の数学の平均点が、中学教師の予想をはるかに下回ったので、このままじゃいけないということになったようです。

私も問題を見させていただきました。計算問題や関数の問題は一切なく、「図形」と「確率」の問題のみが出題されていました。

私の目から見ても「難問・奇問」の類は一切なくて、「これくらいはできて欲しい」という問題が多かったです。確かに満点を取りづらくするような設問もありましたけど。

その再試験には、今回出題された問題と似たような問題を出題するのだそうです。

その情報をキャッチしましたので、英語強化週間ではありますが、

今日は学年末試験の数学の問題の解き直し!

をしてもらいました。問題はA4の用紙にして4枚。特に最初の2枚は「基本的問題」でした。

ところがギッチョンチョン

トランプに関する確率の問題で、

クローバーの出る確率求めよ」という問題がありました。

本当に頭が痛くなったのですが、この問題が分からないという生徒が複数名。

塾長:「そもそもクローバーの5って何枚あるの?

生徒:「分かりません。5枚ですか?

もうなんかね、ヒクヒク痙攣がおきてきましたΣ( ̄[] ̄;)!!!

よくよく話を聞いてみると、そもそもトランプなんかやったことがないんだそうです。

だから♡♠♢♣が各13枚ずつあることも知らないわけ。

これって完全にゲーム世代の子の闇なんだと思いました。プレステとかスマホばかりやっているから、友達とトランプなんかしなかったんでしょうね。

仕方がないから

♡12345678910 11 12 13
♠12345678910 11 12 13
♢12345678910 11 12 13
♣12345678910 11 12 13

と全部ノートに書かせて、から問題を解かせたら簡単にできるんですよ。

しかーし!

ここで問題なのは、トランプを知らなかったことではなくて、

知らないのに問題を眺めてボーッとしている子!

こういう場面では、やはり「闘魂注入」しないとダメでしょう。

ただ「やれ!」と怒鳴るのはもちろんNGです。

まずノートに

♡12345678910 11 12 13
♠12345678910 11 12 13
♢12345678910 11 12 13
♣12345678910 11 12 13

を全て書いてごらんと指導しないとだめなんです。
※もちろんこんなの簡単に解いちゃう生徒もいますけど。

しかーも!

明日再試験なんですよ! なのに分からないからとチンタラダラダラしている子複数!

明日再試験なの!そんなんじゃ終わらないでしょ!

私がそう言って闘魂注入するまで、のんびりとやっている子複数。

私が注意したら、ちゃんとやり出したけど、結局授業終了までに終わらない。
※マツコ・デラックスと有吉さんじゃないけど怒り新党

そりゃぁね、あんなにチンタラやってたら10年やっても終わりませんよ。

そういう時にはやはり発破をかける必要があります。

発破のかけ方って先生によってちがうでしょうけど、いずれにしても生徒に闘魂注入して、やる気を引き出すことが必要です。

たまに「うちの子はやる気がないから」というお母さんがいますけどね、特に男の子の場合は「放って置いても自分からやる気を出す子」なんてほとんどいませんよ。

やはりこちらから何か仕掛けないと。

試験があるなら、そのための準備をするのが当たり前!

生徒もそこまでは分かってるんですけどね、そもそも「やり方」すら分かってない子が多いんですよ。

私はまずその「やり方」を教えてあげたいんですね。

もっともそれでもやらないような子は、うちでは預かりませんけど。

しかーし!

ほとんどの子は、「やり方」を教えてあげればどんどん伸びるんです。

できるようになってくると、自分でドンドンやるようになります!

KOSHIN学院は常にそんな塾でありたいと思っています。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門学習塾です!】