学習塾にかかるオカネの話!・・・【学習塾】

いつも書いているのですが「友達と遊べるから塾に行く」と言っている生徒って結構多いのです。

でもそれって変ですよね?

塾の帰りに友達とおしゃべりできるから塾に行くという行為

塾って「勉強しに行く場所」だと思うのですよ。

勉強が分かって嬉しい・成績があがって嬉しい

学習塾の本当の楽しさって、これに尽きるんじゃないかな。

もっとも「オカネ目当て」の塾なら、そんな「やる気のない生徒」でも大歓迎してくれるのでしょうけど。

そういう塾に通って、うっかり「成績上がらないんですけど」なんて言ったら、ゼニ儲け主義学習塾の思うつぼですよ。

「そうですか、それでは塾に通う回数を増やさないといけませんね。つきましてはあと※万円費用がかかります。」

とか言われるのがオチですから。

毎日通っても月謝が定額なのには理由が

成績があがらない生徒をたくさん来させるために月謝定額にしてるわけじゃありません。

一生懸命頑張って毎日でも勉強したい!

そういう生徒のために「月謝定額制」にしています。いつも言ってますが、KOSHIN学院は一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する学習塾ですから。

では勉強苦手な子は毎日通っても意味はないのでしょうか?

はっきり言っちゃおうかなぁ~!

全くやる気のない生徒の場合は、全くと言って良いほど意味はありません!

厳しい言い方だけど、「オカネの無駄」ですよ。
※ただし全くやる気のない子の場合です。

もちろん私だって「オカネ」はすっごく欲しいです。

しかーし!

順番が逆になるのは絶対にイヤなんですよ。

  • 先生にこんなに面倒みてもらってありがとうございます。
  • この月謝でこんなに面倒みてもらってありがとうございます。

そう言われたいんです。そう言っていただくのが幸せなのです。

オカネ」はとても大切ですし、繰り返しますが私も「オカネ」は欲しいです。

でもね! 「オカネ」が先にきちゃダメですよ。

KOSHIN学院には決めた「月謝」があります。月謝の値引きなどは一切しておりません。
※兄弟割引はあります。

しかーし!

この月謝が「高い」と感じるか、「安い」と感じるのか。

それはすべて「KOSHIN学院の指導力・授業力」にかかっていると思うのです。

先日卒業した中3生のお母様からは、「安くて助かるけど、先生もう少し儲けてください!」なんて言っていただきました。

いやいや、決して安くなんかありませんよ。まぁ確かに他塾に比べれば安いでしょうけど、それでも毎月2万円以上いただいてるわけですから。

2万円と言ったら大変な金額だと思うのです。ましてやこの金額を何年間も払ってくださる方もいらっしゃるわけですから。

生活するオカネの他に、この2万円を捻出するために「お母様」も働きに出て稼いだオカネを、お支払いいただくわけですし。

そりゃもう責任重大なんてもんじゃありません!

しかーし!

それでも月謝を値下げしたり、割引したりするつもりはありません。

その代わり、いただいたお月謝の何倍もの指導(サービス?)を提供したいと思っています。

KOSHIN学院に通って良かった!

卒業するときに、「KOSHIN学院に通って良かった!」と言っていただけた時は、本当にホッとします。

特に若い頃には「あんな塾行っても全然だめだった」なんて悪口を言われてしまったこともありました。そんな時は悔しいやら情けないやら。

もう2度とそんなことを言わせないようにしてやる!

そう思い続けて数十年。おかげ様でモンスターペアレントでもない限りは、そんなことを言うひともいなくなりました。

モンスターな保護者の場合、入塾は断固お断りしますからね!

真面目に一生懸命頑張ってる生徒の迷惑になりますから。

私のことを「金さへ払えばなんでもやってくれる」と思ったら大間違いですから。

オカネは確かに欲しい。でもそれ以上に皆さんに喜んでいただきたいんです。

私にとって働くとは。

KOSHIN学院を作る前の1年間に、私は「これでもか!」というほど悩みました。極端に言えばKOSHIN学院を作る前の1年間は死ぬことばかり考えていました。

でも怖くて死ぬことはできませんでした。

ならば「生きる」しか道はないわけです。生きるためには「働く」必要があるわけです。

大学を卒業したばかりの頃は、「働くとはお金を稼ぐこと」と思っていました。

しかーし!

人生のどん底を味わった時に、改めて「働くとはどういうことか?」と考え直しました。

  • 他人にできないことを代わりにやってあげて対価を得ること。
  • 他人の苦しみや痛みを取り除いてあげて対価を得ること。

だんだんそう思うようになってきました。そして私が他の方のためにしてあげられることを真剣に考え直しました。

そして出てきた答えがKOSHIN学院でした。耕心学院 心を耕す学び舎)です。

大手塾に勤めていた頃の訳の分からないモヤモヤは全部捨て、ほんとうに生徒のためになる学習塾を作ろうと思ったのでした。

そう思ってからすでに23回も卒業生を送り出すことができました。本当にありがたいことです。

サッカー界では三浦知良選手が50歳でゴールを決めたというニュースがありました。

塾業界では「100歳で現役」なんていう塾長が現れるかもしれませんよ(笑)。

ぶぁ~くゎやろぉ~・・べぇ~んきょすんだぁ~よぉ・・・ってね(笑)

自分で言うのも変なんですけどね、KOSHIN学院って本当に良い塾だと思います。塾長の私もKOSHIN学院の大ファンですから。

それでは今日はこの辺で。変な塾に通ってオカネをむしり取られないように気をつけてくださいね。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】