なぜ勉強ができないのか?・・・【学習塾】

お勉強が苦手な子には、ほぼ共通していることがあります。

今日はまずKOSHIN-TVを見てください。※本日収録しました。

そうなんです。結局「面倒くさがる」からできないんです。

分からない問題を面倒くさいからテキトーにやってるからできないんです。

こういう生徒は叱ります!

  • ちゃんと問題も読まずにテキトーに答えを書いてくる。
  • 面倒くさいから答えを写してくる。
  • 分からないことをテキトーに誤魔化そうとする。

そんなことをして、どうして勉強ができるようになんかなるんですか!

上記のことを、何度注意してもやめない子は、きつく叱ることもありますからね!

え? うちの子は泣き虫なんで優しく指導してくれだって?

オタク、冗談は顔だけにしてください←松田優作風に

私は皆さんから「貴重なお月謝」をいただいて指導をしているんです。ですから絶対にできるようにしてあげたいんです!

なんで勉強しないのかと聞くと!

勉強できない生徒の特徴としては「宿題をやってこない」というのもあります。

自宅で学習する習慣がないということです。

そういう生徒に「なんで宿題をやってこないんだ?」と聞くと、

  • 勉強する暇がなかった。
  • 全然分からなかった。

という返事が返ってきます。

はい! これ真っ赤なウソですから!

勉強する暇がなかったという生徒なんですけどね、Twitterをみるとたくさん書き込んでるんですよ。もちろんスマホでゲームをしている時間はたくさんあったわけ。

全然分からなかったという生徒もなんですけどね。そんなの生徒のノートやワーク・教科書を見ればすぐに見破れるんですよ。

一生懸命考えた痕跡すらないの!

こういうことを平然と言う生徒は、退塾処分にしますからね!

そんなんじゃ、絶対に勉強ができるようになるわけないから。

何度も繰り返しますが、私は「この仕事」を真剣にやってるんです。なんとしても勉強できるようにして、希望する高校に合格させてあげたいの!

しかも「貴重なお月謝」をいただいているわけですから。

鉄は熱いうちに打て!

と言います。小中学生のうちに、こうした基本的なことを身につけないと、大人になってから大変です。

なにも「ガリ勉しろ!」と言ってるわけじゃないの。

当たり前のことを確実にできるようになろう!

って言ってるだけなの。

ドロドロにこびりついた「面倒くさい病」は、大至急取り除かないといけません。

まあ確かに人間って「面倒くさい」って感じる生き物ですよね。

そんな時の魔法の言葉!

あ~あ、気がついちまったよ、面倒くせぇ~な~!気になっちゃったよ。しょーがねーな、やっちまうべぇ!

KOSHIN学院の近くにある電気屋のご主人の口癖です。いかに職人さんらしい言葉ですね。

このご主人は、そうやって「良い仕事」をされるので、いつもご近所の方から引っ張りだこなんです。

KOSHIN学院の生徒も、「じゃ、やっちまうべぇ!」という人間に育って欲しいものです。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】