そもそも試験範囲も分かってないまま試験を受けた・・【学習塾】

KOSHIN学院の地元の中学校「神田中学校・横内中学校・大住中学校」などでは、遅くとも定期試験の一週間前には「試験範囲表」を印刷して生徒に配っています。

良い成績を取るような生徒は、「試験範囲」がちゃんと頭に入っていて、しかも「勉強漏れ」しているところがないか細かくチェックしています。

これ別段スゴイことではなく「普通」のことなんですけどね。

ところがギッチョンチョン

そもそも

  • 試験範囲なんか気にもしていない。
  • 試験範囲表なんかどっかいっちゃった。
  • 試験範囲と関係ないところを勉強している。
  • 明日の試験の科目と関係ない科目を勉強している。

こういう生徒が「毎年ひとり」はいるんです。

もうね、頭にくるを通り越して、脳梗塞をおこしそうになります。クラクラしてきちゃうの。

はっきり言っちゃいますね!

うちはそういう生徒はお預かりしませんからね!

と言い続けているんですけど、なぜか毎年「ひとり」はそういう子がいるんです。

とまあ、ここまでは「どの塾」でもよくある話なんですけどね。

問題は親の方なんですよ!

私が過去に親を叱ったのはこんなケースです。

試験直前だというのに!

  • 今日は家の用事で休ませます。
  • 家族で食事に行くから休ませます。
  • 本人が疲れたと言ってるので休ませます。

はっきり言っちゃうけど、こういう親御さんのお子さんは、うちでは絶対に預かりませんから。

だって、こんなんじゃ「責任もって高校に合格させる」なんてできませんから!

何も具合悪いのに塾に来いと言ってるのではありません。本当に調子が悪いなら試験前でも、さっさと寝て早く回復するようにするべきです。

家族で食事の件ですが、例えば「単身赴任している父親が帰ってきて、この日しか子どもと会えない」とかいうなら別ですけどね。

親が「今日は夕飯作るの面倒だから塾なんか休んで食事に行っちゃおう。」なんてこと言ってたら、子どもは「勉強」なんか絶対にしませんよ。

もちろん「家庭の中」のことに口出しするつもりはありませんが、「だったらなんで高いオカネ払って塾なんか通わせるの?」と聞きたいです。

そのくせ「塾に行っても成績があがらない」とか言い出す始末。

ごめんなさい、こういう親御さんの子はうちではお預かりしません。無理です勘弁してください。

試験範囲も分かってないまま試験を受ける子

いろいろな塾の先生とお話しすると、ほとんどの塾でこういう生徒の一人や二人はいるようです。

しかーし!

こういう生徒は全員勉強できないか?」と言われると、そうでもないんです。

なかには「試験範囲なんか全部終わっちゃったから、自分の勉強してます。」なんていう子もいるんです。

こういう生徒は、本当に「素晴らしい点数」取ってくるんです。しかも涼しい顔して「こんなの普通です」って言うの。

しかーし!

やはりこういう生徒は例外なんです。試験範囲も分かってないような生徒で、成績が良いなんて子は、まずいませんから。

当たり前のことを確実にやろうよ!

私は生徒に、無理難題を要求していません。ただ「やるべきことやろうよ!」と言っているのです。

もちろんまだ幼い子ども達が、全員完璧にやり切るのは難しいことだと思います。

ただ、そこに向かって挑戦して欲しいんです。

そして挑戦した結果「本当に出来たときの喜び」を味わって欲しいの。

その喜びこそが、明日への活力になるのですから!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】