中学の先生に「やればできるんだけど」と言われました・・・【学習塾】

私も中学生の頃「瀬下はやればできるんだけどな~・・・」と何度も言われました。父母面談(当時はそう呼んでいた)で、私の母は何度もそう言われて帰ってきました。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

学校で「お宅のお子さん、やればできるんですけどね~。」と言われたことがある方は多いのではないでしょうか。

はっきり言っちゃいましょうか!

やってないから出来ないんだよ!」という意味なんです。

あ! 厳しかったですね。でも「事実」ですよね。

中学生の子達だけでなくて、「我々塾の先生」でも「やらないから出来てない人」多いんです。

数年前突然近所の塾の塾長さんからメールが来まして「KOSHIN学院の授業を見学させてください!」というのです。

私は「生徒の邪魔になるのでお断りします!」と言ったのですが、勝手に押しかけてきました。来てしまったものを無下に帰らせるのもどうかと思って、見学を許可しました。しかもその先生は私よりずっと年上でした。

若い人にはいろいろ教えてあげるの大好きなんですが、私よりベテランの塾教師に教えたくありませんでした。

しかしせっかくなので授業終了後「私のノウハウ」を惜しげも無く色々教えてあげました。

するとその爺さんは「あ! 私の知り合いもやってます!」と答えたんです。

さすがに腹が立ちまして、「ならどうしてあなたがやらないのですか!」と怒鳴ってしまいました。すると「あんじゃね、こんじゃね」と言い訳ばかり。

こりゃだめだ!」と思ったので、もう帰らせました。

「せっかく良いことを教えてもらっても。せっかく良い話を聞いてきても。」

聞いただけで満足してるオッサンって多いのです。むしろ若い人よりもオッサンの方が聞いただけで満足している人が多い気がしています。

私は「良い話を教えてもらったら、絶対にやります! やらないと気が済みません」。失敗に終わるかもしれませんが、とにかく絶対にやります。

成功するまで絶対にやります!

これは私が「若い方達」(生徒はもちろん、卒業生や、若い塾の先生、若い方全般)に是非お伝えしたいことです。

話を戻します。

やればできる!」というのは「やらないからできない!」なのです。

生徒のみなさんには「できるようになるまでやる!」という強い気持ちを持って頑張るように指導しています。

たった1度だけですけど、あるお母様から「そんなにやらなければいけないんですか?」と怒鳴られたことがありました。

当時は私も若かったので、もう頭にきちゃって、そこいらにあった電話機をぶん投げて壊してしまいました(笑)。

今だったら「はい結構ですよ。それならうちに来なくて!」って言っちゃいますけどね(笑)。

KOSHIN学院は「一生懸命頑張る子を応援する学習塾」ですから。

鉄は熱いうちに叩け!」と言います。若い方達は「熱い」から好きです。ですから「塾の仕事」が大好きです!

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある「頑張る子」をトコトン応援する学習塾です】