不登校に鍼(はり)が効く?・・・【学習塾】

みなさん「鍼治療」ってご存知ですか? そう「鍼灸院(しんきゅういん)」でやっているあれです。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

この前の日曜日に企業セミナー・異業種交流会がありまして、十数年ぶりにセミナーに参加してきました。昔は「塾業界のセミナー」などよく参加したのですが、内容がナイヨーって感じだったので行くのやめていました。

今回は塾とは関係なく「中小企業」の集まりだったので、気まぐれと言っては失礼なのですが、そんな感じで参加してみました。

セミナーの方は「このブログ」で書く内容ではないのですが、その後の「懇親会」で面白い方達と知り合いになりました。

その方達は「鍼灸治療院」を経営している方達で、KOSHIN学院からクルマで行けば、そう遠くない方達でした。

私ぐらいの年齢になると、やはり「アチコチ痛いんですよね」という話になるんですけど。

鍼灸院の先生方が、鍼を打つと「心や体がラクになりますよ~!」と仰ってました。

へえそうなんだ、行ってみようかなと思った次の瞬間!

もしかしたら不登校の子にも効果ありますか?

と聞いてみました。

すると複数の鍼治療の先生方が「治ります!」とキッパリと言い切ったのです。

だいたい不登校などの場合、学校や塾に行こうとすると頭が痛くなったり、お腹が痛くなったりすることが多いのです。

しかし「医学的」には問題ないと言われて、クスリを出されます。そのクスリも効かないとなると更に強いクスリを処方されます。

でも「強いクスリ」って、当然副作用があります。(もちろんお医者様は分かってて処方されますが)。

頭が痛い→医者に行く→痛みが止まらない→さらに強い薬を処方する→目眩などがひどくなる→ますます学校に行かれなくなる

という負のスパイラルに陥っている人も少なくありません。(私は医師ではないので、迂闊なことは言えませんが)

いろいろな医者に行っても治らなくて、困り果てて「鍼灸院」に来る患者さんは少なくないそうです。

鍼というのは基本的には「血液の流れを良くする」ものですから、血液の流れが良くなれば内臓の具合も良くなるり、気分もスッキリしてくる。だから身体が動くようになってくる。ますます血行が良くなる。結果学校に行かれるようになるというケースがあるそうです。

(もちろん不登校の原因はひとつではありませんので、一概に言えないのでしょうが)

でもだいたい「私に不登校の相談をしてくる子」は、青白い顔をして見るからに血行の悪そうな感じの子が多いのも事実です。

不登校だけでなく「」なんかにも効果があるそうです。 

専門的な医学知識はありませんので、「絶対治る」とまでは、私には言えません。

しかも身体に鍼(はり)を打つなんて、少し怖いんですけどね。

でも取りあえず入試直前なのに、なかなか思うように学校に行かれなくなっている人は試してみる価値ありそうです。

でも鍼治療院って、塾以上に「どこでも良い」というわけにいかない業種ですよね。 

私が知り合った先生で良ければご紹介いたしますので、ご連絡ください。

あ! 鍼をうったけど効果がなかったという苦情は受け付けません。

あくまで「こんな方法もありますよ!」というご紹介です。知っておいても損ありませんよね。

それではまた明日!  See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、生徒の心のケアーを真剣に考える学習塾です】