俺にやらせてください!・・・【学習塾】

これは、生徒達数名にカレーライスを作ってあげた時の話です。数名の男の子が食べようとしませんでした。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

私は彼らに「カレーライスは好きじゃないのか?」と尋ねました。

すると驚く返事が返ってきました。

「スプーンがないから食べられません。」

頭にくるやら情けないやら・・・悔しいから「お前たちは食べなくて良い!」と怒ってしまいました。

せめて「先生、スプーンどこにありますか? 俺取ってきます!」くらいのことは言って欲しかったのです。しかもその生徒は昨日や今日塾に来た子じゃなかったのですから。

塾の先生が、こんなことを言ってはおかしいのですが、「勉強はできなくても死にはしない」し、「勉強できなかった人でも、立派に働いている人」は大勢います。

しかーし!

挨拶ができなかったり、自分から積極的にお手伝いできない人に立派な人はいません。

若さって素晴らしい!」という人がいます。私もそう思います。

それは「どんどん身体が動くから素晴らしい」のですし、「どんどん色々なことを吸収するから素晴らしい」のです。

「先生! 俺がやってあげますよ!」「俺にやらせてください!」

このような気持ちの良い若者に育って欲しいのです。

就職してからだって、「上司の指示があるまで動かない」ような社員は使い物になりません。

あ! それ私にやらせてください!」って言える人が出世していくんだと思います。

実は私も若かった頃「俺にやらせてください!」って言えないでいました。ある時に上司に消極的な態度でいたことを、こっぴどく叱られました。

確かに私がいけませんでした。それじゃ生き残れないと思いました。

勉強」だって同じことだと思います。

やれ!」と言われるまでやらないようじゃ、できるようになんかなりません。

やれ!」と言われる前に、もうどんどんやっちゃってる生徒は必ず伸びます。

そういう「やったるで! という気持ち」のある若者が大好きです。

で、なぜだかそういう気持ちが溢れているのは「女の子」の方が多いという・・・。

僕は「男の子にも頑張ってもらいたい」のですけど・・・。

そういう話を時々生徒にすることがあります。

すると「生徒の目がキラキラ輝いてくる」ことがあるのです。

そんな瞬間に「あ! この子達またひとつオトナになったな!」って思うのです。

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、生徒の目がキラキラ輝く学習塾です】