すぐに調べる癖をつけよう!・・・【学習塾】

何度も口をすっぱくして生徒に「単語の意味も調べないまま英語の問題を解くな!」と言っています。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

実はこういう生徒は多いのです。だから英語の問題が解けないのです。(他の科目もそうです)

かつて「若い女性の英語の先生」がいました。元同僚だったんですけどね。私は彼女から多くのことを学びました。
(※正確にいうと、技術を盗んだのですけど。)

その先生は「分からないことがあると」すぐに質問してきました。

例えば「strartとbeginの違いを、生徒にどう教えたら良いですか?」とすぐに聞いてきます。私自身もなんとなくfeelingで覚えていたことですから、改めて言葉にすると大変難しいんです。

当時は「インターネット」なんてありませんから、調べると言っても大変でした。 startもbeginも辞書で調べると「始まる」としか書いてないんです。

当時はアメリカ人の友達が日本に住んでいたので、すぐに電話して聞いたものでした。

startの「反意語」はstop. そしてbeginの「反意語」はend になります。

まだよく分からない?

ではとっておきの説明を

これを「~をする人」に直すとstarter とbeginner になります。

競技の開始を告げる人や車ではエンジンを始動させるものがstarter.

beginnerと言えば「初心者」になります。

などとここで英語の説明をするつもりはありません。

今だったら「startとbeginの違い」って検索すれば、すぐにたくさん出てきます。

多くの方がいろいろな説明をしてくださっています。それらを読んでいくと自然と両者の違いが分かってきます。

「こんな便利なものがあるのに使わない手はありません!」

枕草子の「山際」と「山の端」なんかもそうですよね。 
あれ? どっちだっけ?」 

と思ったらすぐに調べることです。

(ちなみに「山際 =空」「山の端=山」です。山の端っこと考えると簡単です。)

ちょっと待った!

別に知らないことは恥ずかしいことではありません!

私だって「塾長」とか言っても「世の中のことなんでも知ってる」わけじゃありません。

このホームページは、実は「自分で全部作っている」のですけど・・・

でも「分からないことだらけ」で、もう頭がおかしくなりそうです。

こういうジャンルは、私よりも「卒業生達」の方が遙かに詳しくて、いつも卒業生の人達に教えてもらっています

卒業生達も喜んで色々と教えてくれます。時にはわざわざ仕事帰りに塾に寄って助けてくれる人もいます。

分からないことを質問した私は、恥ずかしいことしましたでしょうか?

誰もそんなこと思わないですよね!

もう一度繰り返しますね!

「分からないことはすぐに調べる習慣を身につけましょう!」

分かるようになると楽しいですよ~♪

それではまた明日!  See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、分からないことはすぐに調べる習慣を身につけさせる学習塾です。】