数学が苦手な子の特徴・・・【学習塾】

他の科目はある程度できるんだけど、数学がどうも・・・という生徒さん意外と多いのです。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

みなさん驚かれるかも知れませんが、中学校の成績が3だったら、まず割り算や分数・小数は怪しいと思ってください。

割り算も桁数が多くなると、ミスを連発します。

昨今の神奈川県公立高校入試では、理科や社会でも割り算を使う問題が増えています。

一生懸命勉強しているけどテストの点数が伸びないという生徒は、こうした基本的な計算があやしい場合があります。

KOSHIN学院にも「数学が苦手なんですけど・・・」という理由で入塾を希望する生徒が多くいます。

そのような生徒には!


  1. まず割り算や、小数分数の計算がしっかりできているか。
  2. ノートは正しく綺麗に書けているか。
  3. 考えもしないで無理とか言ってないか。

をチェックします。

計算もどこに何を書いてあるか分からない中学生が結構います(それで出来ているなら構いませんが)。

私の場合はまずノートの書き方から指導します。しかも口うるさく指導します。

ノートを正しく書けるようになると何が起こるか!

計算がしっかりできるようになってきます。

文章問題や関数などで、せっかく問題が理解できても計算で間違える生徒が多いのです。

だからこのブログは小学生のお子様をもつお母様にも読んで頂きたいのです!

小学生のうちに計算などの基礎をしっかり作っておくことが大切です!

時々「小学生のうちは遊ばせてあげてください。」などと馬鹿げたことを言ってる小学校の先生がいます。

遊ぶことは大切だから遊んでも構いません。

しかーし!

基礎学力は身につけておかないと、中学進学後は地獄をみます。

あっという間に授業が分からなくなり、授業もさっぱり分からなくなって、鉛筆や消しゴムをいじってばかりいる子どもになりかねません。

そんな風になってから塾に行っても手遅れです。

なんとかするにしても、人の何倍も遅れているのだから、人の何倍も頑張らなければいけなくなります

頑張らないから遅れた子が、急にものすごく頑張るというのは至難の業です。

数学の基本はなんと言っても計算です。(計算だけできれば良いということではありません。)

ためしに、あなたのお子さんに

「100÷4はいくつ?」
「1000-1はいくつ?」

って聞いてみてください。

もしできなかったら、大至急手を打ってください。

それが出来てたら
1000円の商品は消費税込みだといくらになるか?
と聞いてみてください。

それもできない子が、
あの高校行きたい! この高校行きたい!
と言ってるケースがあります。

ハッキリ言います! 無理です! 

そうならないように、小学生のうちから準備してください。

それではまた明日! See you! 

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、やる気のある生徒を応援する学習塾です】