心が疲れたら・・・【学習塾】

今朝の朝日新聞に不登校の生徒についての記事が出ていました。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

この新聞の記事によれば「不登校になってしまった後」の施設や制度はあるが、「なる前になんとかする対策」は現在ないとのことでした。

不登校と言っても原因は様々ですので一概に言えませんが、一番大きな理由は

心が疲れちゃった

ことだと思われます。

元気なときには嫌なことや辛いことを跳ね返すパワーがありますが、元気がなくなると跳ね返すパワーもなくなってしまいます。

特に真面目に悩んでしまう生徒の場合は

「悩む」→「余計落ち込む」→「さらに悩む」→「どうしようもなくなる」

という負のスパイラルに陥ってしまいます。

例えば人間は風邪をひいたら回復するまで寝ます。しっかり寝て休養を取ったら元気が出てきます。

元気になればまた学校や会社に行かれます。

心が疲れちゃった生徒も同じだと思います。

まずゆっくり休みましょう! 休んだら必ず元気が出てきます。

実は重大なお話しが・・・

私は35歳の時に不登校になりました。
学校には通っていませんでしたから[不登校]ではないのですが

怖くて自宅から一歩も外に出られなくなってしまいました。

いい年こいたオッサンが、仕事もせずに自宅で悶々としながら引き篭もっていました。

とにかく心が疲れ切ってしまっていました。

数ヶ月閉じこもっていると、少しずつ身体を動かしたくなってきました。

人が大勢いるところはイヤでしたので、近所の河原などを散歩したりしました。

すると素敵な喫茶店を見つけたので、コーヒーを飲みに入ってみました。

意外なことに、別に違和感なく普通にお店に入れました。

それから数ヶ月間「お散歩」が日課になりました。

「歩く」→「血行が良くなる」→「元気になる」→「心も軽くなる」という好循環が起きてきました。

すっかり元気になってきたら「自分の塾を作ろう!」という気持ちになってきました。

そう思った三ヶ月後にはKOSHIN学院が誕生し、本当に可愛い生徒達がたくさん来てくれました。

その頃の生徒の一人は、なんと息子をKOSHIN学院に入れてくれました。彼は今や立派な高校生に成長してくれました。

そういう「人生のどん底」から這い上がってきたので「心を耕す学院=耕心学院」と名付けました。

もし今心が疲れちゃっているお子さんやお母さんやがいたら、まず休みましょう!

人生なんてどうにかなるもんです。

元気になったら、また考えれば良いのですから!

それではまた明日!  See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、心の元気を大切に育てる学習塾です】