本当の平等ってなんだろう・・・【学習塾】

小学生・中学生のころ「みんな平等にしようね!」と言われて育った方は多いのではないでしょうか。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

でもね、私はそのことをずっと疑問に思っています。

私は「塾の先生」ですし「塾長」です。

塾に通っている生徒には、「みんな平等に接しなさい!」とかつて勤めていた塾の上司に言われたことがあります。

生徒からは「贔屓だ! 差別だ!」と言われたこともありました。

まだ自分自身の指導に自信が持てなかった頃は「贔屓だ!」なんて言われてるとドキドキしてしまいました。
※そんなはずはない。みんなに平等に接しているつもりなんだけどなぁ・・・。

今は堂々と生徒の皆さんに次のように言っています。

「私は頑張っている子を贔屓します! その代わり頑張れば誰でも贔屓します!」

これが本当の平等ではないかと考えています。

不真面目で、塾をさぼったり忘れ物ばかりしている生徒と、
真面目に一生懸命頑張っている生徒を

いっしょに接する方が「不平等」だと思います。

公教育では、それでも同列に扱うのかも知れませんが、KOSHIN学院は「私塾」です。

一生懸命頑張って、成績をあげて、そして自分の希望する高校に進学する学習塾です。

もう一度繰り返します!

「私は頑張っている子を贔屓します! その代わり頑張れば誰でも贔屓します!」

それが本当の平等だと思います。

この様に「明確な基準」を示すことによって、生徒達からの不平不満は一切なくなりました。

ただし、「食い物の恨みは恐ろしい」と言います。(笑) 
お菓子やジュースなどを買ってあげるときは「平等」にしています。

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、真の平等を追求する学習塾です!】