教育評論家は叱らない教育と言いますが・・・【学習塾】

私の嫌いな職業に「評論家」というのがあります。もちろん素晴らしい評論家さんもいますが。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

なかでも一番嫌いなのは「子どもはほめて伸ばしましょう!」とか「叱ってはいけません!」とかエラソーに喋ってる人。

冗談は顔だけにしろよ!」とは故松田優作さん演ずるGパン刑事の名台詞のひとつです。
※私の顔が冗談みたいという話は置いといて・・σ(^_^;)…

生徒達の顔をよ~く見てると、叱って欲しそうな目をしていることがごく稀にあります。

今から10年以上前のことです。

かなり成績優秀な中3女子がいました。

受験生というのに吹奏楽部の部長だったこともあり、「部活・部活・部活・部活!」という日々を送っていました。

私の心のどこかにも「この子は成績優秀だから多少部活優先でも仕方ないかな?」という甘い気持ちがありました。

けれども一向に部活優先生活は止まりませんでした。受験勉強に取り組む姿勢を見せることもなく、結局この生徒はKOSHIN学院を辞めてしまいました。

しかーし!

その生徒は高校合格した時に、わざわざ私に「先生!今までありがとうございました。」と言いに来てくれました。

その後その生徒は途中でKOSHIN学院を途中で辞めたにもかかわらず、その後数年間我が塾のスタッフとして私を手伝ってくれました。

スタッフとして手伝ってくれていた頃、彼女がボソっとこんなこと言い出したのです。
先生! なんでアタシのこと叱ってくれなかかったの? 他の生徒がサボってたら叱ったのに・・

実は同じことを別のスタッフからも言われました。
なんで叱らなかったんですか?」・・・と。

あの時はまるでハンマーで頭を殴られたような気分でした。
しまった!」・・・

その後日を改めて私は彼女に謝りました。
あの時、きつく叱ってあげなくてごめんなさい!」と・・・。

その後二人でボロボロ涙を流しながら、あの時のことを振り返りました。

若い頃は厳しく叱りすぎてしまったと反省することもありました。
※当時の生徒さん本当にごめんなさい。でも私としてはそれが精一杯できる愛情のつもりでした。

しかーし!

叱らなくてごめんなさい」という言葉が、塾の先生から出るとは、私も思っていませんでした。

その後も一度「叱ってあげなくてごめんなさい」と言ったことがありました。

その生徒は、あまり「口に出して話す」のが得意な子ではなくて、何か用事があるとメールで伝えてくる子でした。

だからその生徒を「メール」で叱ったのです。成績もけっこう良い方だという私自身の甘さから、そんな行動ををしてしまいました。

数日後!

私、先生にメールじゃなくて直接叱られたかった」と言ってきたのです。話を聞くと、彼女が悪いことをしても両親は優しく見守るだけで、思いっきり叱られたことがなかったのだそうです。

この時も大変なショックを受けました。

成績じゃない、「悪いときは悪い!」としっかりと相手に伝えるのも「塾長の大切な仕事」だと反省しました。

以来私は、叱るべき時は必ず叱ることにしています。しかも「あとで!」ではなく、「なるべく早く」です。

この「なるべく早く」というのがムズカシーのです。

頭に来てその場でガンガン怒鳴ってしまうのは「叱る」という行為ではありません。

この子はどうやって叱ったら立ち直ってくれるのだろうか?」とできるだけ早く考えて叱ることがポイントです。

そのように叱ると、「今時の中学生」だって「ちゃんと分かって」くれます。
※うまく作戦通りにいった時は、心の中でおもわずガッツポーズしちゃういます(笑)

中学生をあなどってはいけません。ものすごく良く考えていると感心することがしばしばあります。
※全然考えてない子もいますけど・・・(悲しっ)

このブログを読んで下さってるお母様方!
お子さんを叱るときは「本気」で叱りましょう。でも頭に来て怒鳴り散らすのは叱ることではありません。

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、心の底から立ち直って欲しいと叱ることもある学習塾です】