現中2です。志望校はどうやって決めたら良いですか?・・・【学習塾】

この時期の中2は、中3になる前に志望校調査を学校に提出します(地元の中学校では)。生徒によっては志望校を決められなくて相談してくる子もいます。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

志望校を決められない生徒って意外と多いのです。今の時期だと中2の成績すらまだ出ていないので、どの辺りの高校に行かれるかも定かでないですもんね。

神奈川県の公立高校を希望するなら

こんなこと書いたら中学校の先生に叱られてしまうかも知れませんが、とりあえず今の時期は何か書いて出しておけば良いのです。あとでいくらでも変更できますから、そう深刻にならなくて大丈夫です。

高校を選ぶコツをかいておきます!

  1. まず実際に高校を見に行ってみることです。
  2. その際には学校の雰囲気・部活はどんなか・先生の雰囲気はどうかなどをチェック!
  3. その学校ではどのようなことを学習できるのか調べます。
  4. 私だったら学校にゴミやたばこの吸い殻などが落ちてないかもチェックします。
  5. 実際に通っている生徒の服装は乱れてないか、茶髪の生徒が多かったりしないかチェックします。

実際に通うのは生徒のみなさんです。「親に言われたから」とか「学校や塾の先生に言われたから」だけで、高校選びを決めてしまっては楽しくありません。

これから3年間通うのですから、「この高校で私は輝くことができるかどうか」じっくり考えてみてください。

説明会なども1回だけでなく、気になる学校は何度も説明会に行ってみましょう

私のお勧めは文化祭です!

文化祭は実際に校舎の中にも入ることができますし、直接先輩達と触れ合うことができます。

それから、私だったらトイレをチェックします!

少し話がそれますが、私が他の塾を訪れた時にチェックする項目は3つあります。

  1. 玄関周りにゴミやたばこの吸い殻が落ちていないか。
  2. 机や教室に落書きがないか。
  3. トイレは綺麗に掃除されているか。

落書きがあるのような塾は、授業が退屈な証拠ですし、塾教師の管理が一届いていない証拠です。

トイレもそうです。生徒達が勉強で緊張していても、少しだけホッとできる場所です。トイレが汚ければホッとするどころか、気持ち悪くておちおちトイレも行かれません。

私はKOSHIN学院のトイレには随分神経を使っています。できるだけこまめに毎度毎度掃除しています。簡単なことです。私がトイレに行く度に綺麗になっているかチェックして、少しでも汚れていたら手を突っ込んで掃除すればよいのですから。

どういう先生がいるか、どういう先輩がいるか

さすがに学校の先生はトイレ掃除しないだろう?」と思われるかも知れません。

でも私が中1の時に担任だった丸山先生は、授業がない時間はトイレの掃除や、玄関周りの落ち葉などの掃除をしている先生でした。おまけにスポーツ万能で、ピアノも上手でしたから、私の同級生で誰ひとり丸山先生の悪口をいう人はいませんでした。

時代が違うからと言われれば、そうかも知れませんが、やはり私はそういう先生がいる高校を選んで欲しいです。

私は藤沢西高第1回卒業生ですが、一年生の時に担任をしてくださった茂田先生も素晴らしい方でした。当時は朝3本だけ藤沢西高のためにバスが出ていたのですが、雨の日など生徒がバスに乗り切れないことがありました。茂田先生は辻堂駅まで自転車で来て、バスの運転手さんが困らないように生徒達を綺麗にバスに乗せていました。最終バスに生徒を乗せると、そこから先生は自転車で西高に向かっていました。

実際に通えるのかどうかも大切です

大切なお子さんが3年間通う学校です。ぜひお母様方も実際に高校見学に行ってみてください。

電車やバスで通学するならば、実際に通学時間に電車やバスを利用して高校に行ってみることもお勧めします。

普段は自転車で通うつもりでも、雨の日はバスを利用するという高校生も多くいます。

雨の日はバスも道路もすごく混んで大変です。そういうことも考慮にいれておきましょう。

何度か実際に高校に行ってみることは、こうした理由からも大切です。

私立高校を選ぶ時には

KOSHIN学院の場合ですと、私立単願という生徒はあまり多くありません。ですがほとんどの生徒が私立併願をします。

私立高校は単純に費用が高いです。そうなると生徒が自分で「この高校が良い!」と決めるのは難しくなります。生徒だって私立は高いということは知っていますから。

ですから必ず保護者の方も説明会等に参加してください。費用の話などは生徒が聞いても意味がありませんですよね。

費用は確かに高いけど、「サービス?」も充実しています。

設備面で言うならば、やはり「東海大相模」「桐蔭学園」などの私立はものすごく充実しています。伊勢原にある「向上高校」などは、部活で汗だくになったあとに「お風呂」があって、そこでサッパリしてから電車やバスに乗って帰ることができます。

また「大学進学」を考えた場合、公立高校に行って別に「予備校に通う」となるとかなりの費用がかかります。

もっとも最近は映像を見せるだけの安価な塾もありますが、それなら自宅でYouTubeの授業でも見ていれば十分です。

私立高校ですと「夏期講習・冬期講習」のようなものを学校でやってくれるところもあります。

そう考えると、必ずしも公立が安いとは言い切れなくなります。

だからたくさん高校を見てきてください!

公立高校普通科でも、高校によってかなり雰囲気が違いますし、学習内容も違います。さらに平塚市には「農業高校・商業高校・工業高校」などの専門科もあります。高浜高校には福祉コース、有馬高校には英語コース、厚木北高校にはスポーツ科と、さがすと実にいろいろあります。

さらに私立高校もいろいろあります。私立でも月謝がそんなに高くない高校もあります。

ですから、ぜひ色々見学に行ってみてください。

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、入試情報も豊富な学習塾です!】