ジャイアント馬場さんの言葉・・・【学習塾】

あ~! このブログ閉じないで最後まで読んで~っ!!! なにがジャイアント馬場だなんて怒らないでください!

こんばんは! KOSHIN学院塾長の瀬下です。

ジャイアント馬場さんを知らない人も多くなったかもしれません。うちの生徒達は本当に知らないかもしれません。
※1999年1月31日没:享年61歳
あらま! 馬場さんの年齢まであと3年だわ(OoO;) !

やっぱりうちの生徒達は知らないですね(>_<)。

元巨人軍の投手で、プロレスラー。身長209センチのスゴい人でした。

自分でプロレス団体である「全日本プロレス」を創立したのですが、途中で選手が大量離脱する事件が起きたのです。

まさに「飼い犬に手を噛まれた」のでした。

その時に馬場さんが言った言葉が忘れられないのです。

人を裏切るくらいなら裏切られる方が良い!

裏切るくらいなら裏切られる方が良い!

私もここでは書けないような、ひどい仕打ちを受けたことが何度もありました。

「コノヤロー! ぶっ※※してやる!」

って思ったりもしたんですけどね。でも私にはできませんでした。

時々自分でも「俺は本当にバカだなぁ!」と思うことがあります。

あんな酷い仕打ちを受けたにもかかわらず、それでもその人に優しく接している自分が馬鹿に思えてくるんです。

生徒の皆さんに対しても思うことがあります。

なにもここまでしてあげなくても良いのに・・・」ってね

生徒達が早い時間から来て、夜までずっと勉強していたりすると、ついつい「ご飯を作って食べさせてあげちゃう」んです。

生徒が疲れた表情をしていたら、ついついジュースを買ってあげちゃうんです。

学習塾なんですから、そんなことをする必要はないと頭では分かっているのですが・・・

そこまでしてあげても、途中で「部活が忙しいから」なんて言って塾をやめていった子もいました。

そんな時はもう自分で自分を呪い殺したくなります。

お人好しも大概にしろ!

って何度も自分を責めるんです。

でも、やっぱり私は
この生き方を変えられないのです!

 

私を産んでくれた母親にまで
「お前はバカだなぁ! なんでそんなにお人好しなんだ?」
と言われます。

しかし「母ちゃんは、そんな息子を持ったことを誇りに思うよ!」と言ってくれます。

悔しいことや苦しいことがあった時

他人に言われた無神経なひと言で傷ついたことなんて、1度や2度ではありません。

もちろん、私が傷つけてしまったことも1度や2度ではありませんが・・・。

KOSHIN学院がある場所は「交差点」のすぐそばです。とても交通量が多いので、私も生徒の命を守るのにヒッシです。

その交差点では、毎日のように「怒鳴り合い」をしているオッサンがいます。
※あんなデカイ声で怒鳴ってる情けない奴でも女房子供がいるんだろうな。ご愁傷様と思いながら聞いてますが。

あんな情けない奴になりたくないな!」と思うのですけどね・・・

時々「うらやましく」も思ったりします。

自分の感情を相手のことも考えずに怒鳴り散らすことができたら、こんなにストレスたまらないだろうなってね(>_<)。

でも、やっぱり私にはそんなことできない。

だって生徒が見てるじゃん!

何十年も塾長をやってても傷つくことはあるし、頭にくることもあります。

でもそんな時はもう全力で
ぐぅ~~っと!
自分を押さえ込んじゃうんです。

ですからもの凄~くストレスがたまります。

その分素敵な人がたくさんいるんです!

じゃあなんで塾をやってるの?」と聞かれるたら答えは簡単。

  • それでも僕はこれから伸びようとしている若い人が好きだから!
  • 困っているお母さん達を見捨てられないから!

確かに他人に傷つけられることってたくさんあるけどさ!

それ以上にたくさん幸せをもらってるんだよね!

だから塾を続けたいのです。馬鹿と言われてもです。

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、塾長が馬鹿が付くほどお人好しな学習塾です!】