勉強ができない子の特徴・・・【学習塾】

今日のブログは「耳が痛い」人も多いかも知れませんよ~! 本音をビッシビッシ語りますからね。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

中学3年生でも分数や小数の計算すらできない子がたくさんいます。それでも高校に進学したいというのだから恐れ入谷の鬼子母神です。

なんでこんなになるまで放っておいたんだろうと思います。

親が悪いのでしょうか、それとも小学校の先生が悪いのでしょうか・・・。

私が思うには「本人が一番悪い!」のだと思うのです。

確かに小学校の授業も「できない子は特別教室にいきなさい。」という雰囲気があって、それが塾にまで伝わってきます

でもね!

そういう生徒もたまにKOSHIN学院に来るけれど、「やらせれば!」ある程度ちゃんとできるようになっちゃうんです。

勉強ができない子はものすごく頑張らないと!

勉強が苦手な子は、できる生徒の何倍も努力しなければなりません。

町田にある明学塾の山崎塾長先生が、いつも的を射た発言をしていらっしゃいます。

結果を出せてない2軍選手が、1軍選手よりも練習をしない、サボる。そんなことやってたら2軍のままじゃないか。それを分からせてあげるのが僕の仕事です。

明学塾塾長先生のおっしゃる通りだと思います。

勉強ができない子でも、「絶対にできるようになってやる!」という強い気持ちを持って臨んでくれれば、ある程度のところまでは必ずできるようになります。
※障害がある場合を除きます。これについては別の機会に。

もう一度繰り返します!
絶対にできるようになってやる!」という強い気持ちを持って、勉強に取り組む気持ちが大切です。

なんだかんだ言い訳ばかりしている人間はダメ人間です。
※実は私もかつてはそうだったのでした・・・その気になれば変われるっていうことなんです。

他人のせいにばかりして生きているオトナもたくさんいますが、私はそういう人とはお付き合いしません。
※結局こういう人は周りから相手にされなくなります。

頭は使わないと良くならない!

私も子どもの頃毎日のように親や学校の先生から「頭は使わないと良くならない!」「頭は生きてるうちに使いなさい!」と言われました。

勉強だけじゃなくて、大学生の頃にレストランでバイトしていた頃にも店長や料理長から「頭は生きてるうちに使え!」と口うるさく言われました。

勉強は面倒くさいし分からないからやる気しない
 ↓
だから頭を使わない。
 ↓
いざ頭を使おうとすると全然頭が動かない。

こうなってしまうとかなり深刻な事態です。ちょっとやそっとでは頭が動き出しませんから。
※実は私も中1の時にそんな状態になってしまいました。

幸い私の場合は中学の校長先生と母親が、そのことに気がついてくれて、湘南高校を定年退職された先生に私を預けてくれました。

その先生はとても怖かったけど、本当に私を可愛がってくれました。ずいぶんゲンコツももらったけど、おかげで頭もかなり動くようになりました。

私も「この先生に見捨てられたら終わりだ!」と思ってヒッシに頑張りました。
※私の教え方は、この怖い先生に似てきたような気がしています(笑)。

勉強が苦手なな子は、そもそも「考える」のが面倒くさいんです!

これはこうなって、こうだから、こうなるんだ!」という理論的な思考を極度に嫌がります。

こうした生徒の場合は「ヒント」を与えても、そのヒントだけ書いて、自分でその続きを考えるということをしません。
※こういう場合はきつく叱ります。そうでもしないと動きませんから。正直なところ、こちらもかなり体力を消耗します。

ある程度強く言わないと、こうした生徒は面倒なことをしようとはしません。

しかーし!

こうした生徒でも「絶対にできるようになってやる!」という強い気持ちを持っていれば、少々叱られてもヒッシに食いついてきます。
※残念なことに頑張って付いてくる子は、女の子の方が多いのです。男の子も頑張って欲しいんです!自分は「男」だから余計そう思います。

勉強が遅れている子が塾に入るなら

明学塾塾長先生は、

  • テスト前の2週間は最低30時間は塾で勉強してもらいまっせ。家でなんてしないの分かってるって。
  • たったの30時間ですら逃げようとする子が、家で勉強するワケがない。

とおっしゃいます。

私も全く同感です。

ちなみにKOSHIN学院の場合本当にやる気のある生徒は、土曜日・日曜日に10時間ずつ塾で勉強します、それだけで20時間になります。しかも家でもたくさん勉強します。

いいですか! 良い成績を取っている子達は、このくらい普通にやっているのです! どの塾の生徒もです!

それなのに勉強が遅れている子が、なんだかんだ理由をつけて塾をサボったり、頭を使おうとしないでボーッとしていたり。

そんなんじゃ絶対にできるようになんかならないですから!

何十年か前に、このくらい徹底的に勉強させていたら、とある母親から電話があって、

そんなにやらなくちゃいけないんですか?

と言われたことがありました。

私も若かったんですね。頭に来て電話の受話器を床に叩きつけてぶっ壊してしまったことがありました。

今だったら「良いですよやらなくても、その代わりうちの塾では金輪際お預かりしません! 困るのは私はありませんから。」とでも言っちゃうかな。(笑)

要するに「できるようになりかたっから、それなりのことをしなくっちゃね!」ということです。

最後にひとつだけ!

そうやって苦労しても、できるようになると本当に勉強が楽しくなってきますよ! 「楽しい」という域に達すればシメたものです!

頭は生きているうちに使いましょう。特に「成長している時期」にこそたくさん使いましょう!

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、頭を使う学習塾です!】