なんのために勉強するんだろう・・・【学習塾】

子どもの頃「なんで勉強しないといけないんだろう」とずっと思っていました。

勉強して良い高校に行って、良い大学に行き、良い会社に就職し・・・

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

皆さんは「なんのために勉強するんだろう?」と思ったことはありませんか?

何度か仲間の塾長先生達とお話ししたことがあります。みなさん様々なことをおっしゃってました。

  • 義務教育だと法律で決まっているから。
  • 学歴は大切だから。
  • 良い大学に進学して、良い会社に就職するため。
  • 立派な人間になるため。出世するため。

酷い人になると「お父さんみたいにならないため」なんて笑えないことを言っている人もいました。

でもどれも私の心に響く言葉はありませんでした。なんか違うのです。

東大を卒業して官僚にでもなるならば学歴は物を言うかも知れません。でも民間企業だったら東大卒でもチヤホヤされるのは最初だけです。

数年もすれば「お前東大を出てるのに、こんなこともできないのか?」と言われるようになります。

実際レストランでアルバイトをしていた頃に、コックさんに「おい大卒!」ってあだ名を付けられたことがあります。

ノロノロ皿を洗ってたら、「お前大学行ってくるくせに皿も洗えね~のか!」と怒鳴られたことが何度かありました。
※関係ねーだろ! 心の中で何度も悔し涙を流しました。

反対に塾のセンセになってからは、早稲田大学を卒業しているというだけで、最初から給料に差を付けられましたし、出世コースも全然ちがいました。

でもね!

そんな人達のなかに、私のように毎日「生徒のみなさんに授業をできる幸せな生活」を送っている人は何名いるでしょうか。

ではなんで勉強するのでしょうか?

私の答えはこうです。

別に勉強なんかできなくても困りません!

学生時代は勉強なんか大嫌いで、点数もひどかった人でも「立派な社会人」として日々活躍していらっしゃる方はたくさんいらっしゃいます。

ではなんで勉強しないといけないんでしょうか。勉強してナニか役に立つのでしょうか?

私は生徒のみなさんに、いつもこうお伝えしています。

勉強したこと役に立たせるのも、立たせないのもあなた次第なんですよ!

勉強ってね、役に立たせようと思えばいくらでも役に立ちます。

  • 数学が得意な人は人生を理詰めに考えることができます。
  • 理科や社会を好きな人は、知識や見聞を広げる喜びを知ることができます。

勉強ってね、富士山に登ることに少し似ているような気がします。

  • あんなとこと登ったって意味ないじゃん。疲れるだけだよ。
  • 富士山に登ったって一円にもならないじゃないか。

と、もっともらしいことを言って、登ろうともしない人が大勢います。

でもね!「登った人にしか分からない感動」があるんです。
そして、「登った人にしか分からない恐怖」も覚えるのです。

勉強もね、「そんなの役に立たない」と思う人には役に立たないんです。
でもね!「役に立たそう」と思えば、ものすごく役に立つのです。

ここで私の秘密をひとつ暴露します(笑)

私は中学1年生の頃は大変な落ちこぼれでした。勉強なんか「一滴も」したことありませんでした。

毎日友達や弟と遊んでばかりいました。中学生になっていたにもかかわらず、小学校低学年の弟と同じことをして遊んでばかりいました。

でもある出来事がきっかけとなって、本当に勉強をしなくっちゃと思うようになりました。

中1の時に隣に座った女の子です(笑)。作り話じゃなりません。これガチです。
※今の子は「まぢ」とか「ガチ」って言うのです(笑)

彼女は頭は良いし美人だし・・とても私なんかがそばに行かれるような気がしませんでした。
※レベルが違うって勝手に思い込んでましたσ(^_^;)…

同じ高校に行かれたら良いなと夢をみていました。同じ学校に通って、手をつなぎながら通学するのです(笑)。

しかーし!

奇跡は本当におこったのです(OoO;) !

同じ高校に行かれちゃったの~!

でも結局その思いを彼女に伝えることはありませんでした。なんかやっぱりレベルが違うって気後れしてました。

あら・・・かなり話が逸れた気が・・・・σ(^_^;)アセアセ…

でも、これだって「勉強が役に立った」ということですよね(笑)。

ついでなので、もう少し脱線話の続きを・・・

もうすぐ50歳になろうかと言う頃に、彼女と同窓会で再会しまして。

思い切ってその時の気持ちを伝えてみたんです。

そしたら彼女はニッコリ笑って「ありがとう」と言ってくれました。

こうして僕の初恋は完全に終わりました(笑)。

勉強した人にしか分からない楽しさがある!

人生いろいろあったのですが、最終的に今の仕事を選びました。お勉強苦手だったけど「塾のセンセ」になっちゃったんです。

それからは「猛勉強」しました。だってそうしなければ授業できないんですから。

猛勉強していくと不思議なことが起こってきました。なんと!

勉強がおもしろくなってきたのです! 分かる喜び、知る喜び、問題が解ける喜び!

おもしろいし、楽しいので、ますます勉強したのです。全教科入試問題を過去何十年分も解いてみたり、全国の入試問題を全部解いてみたりね。

勉強って分かるようになると、本当におもしろいし楽しいんです。あんなに苦労させられた勉強が、とても楽しいことに変わっちゃったんです。

そうなってくると生徒のみなさんにお勉強を教えるのが楽しくて仕方なくなってきたのです。
※その後教える難しさを痛感することになりましたが。

難しくて大変で面倒くさいからこそ、生徒の皆さんが勉強できるようになってくれた時は本当に嬉しいんです。

確かに小中学生にいきなり富士山に登れと言っても、危険だと思います。

だったら最初は高尾山(標高599メートル)でも構いません。登山の面白さを知ってくれれば十分です。
※私はやめておきます。無理して怪我でもしたら生徒の皆さんに迷惑をかけますから(笑)。もし登るなら基本的なトレーニングをしてからにします(笑)。

大切なのは、勇気を出してまず一歩を踏み出してみること。そしてそれを楽しいと感じるまで諦めないでつづけること。

まずやること! すぐにやること!

ですよ。もちろんこれは「私自身に向けた言葉」でもあります。

そう! 文句は「やってから」言ってくださいね!

最後にもうひとこと!

一所懸命やらないと,どんなこともたのしくありませんよ!

それではまた明日! See you!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、勉強の楽しさを伝える学習塾です!】