中1です。途中からでも塾に入れますか?・・・【学習塾】

今日「途中からでも塾に入れますか?」というお問い合わせがありました。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

結論から言うと「YES」の塾にも2通りあって、「NO」の塾にも2通りあります(なんだ?)

まず「YES」の塾の2通りとは

  1. 個別に指導しているので、学期途中でも問題ない。
  2. 生徒が集まってなくてガラガラなのでいつでも入れる。

1番の塾だったら良いです。でも問題は2番の塾の場合です。でも2番のような塾でも素晴らしい先生をたくさん知っています。むしろあまり生徒を入れたがらない先生もいらっしゃいます。

どちらかというと私も2番に近いです。
※ガラガラではありませんが。

あまり欲に目がくらんで、生徒を預かりすぎると、KOSHIN学院のような指導形態の場合は、授業のクオリティーが下がってしまいまうという意味です。

次に「NO」という塾の場合です。

  1. 一斉授業で授業カリキュラムが決まっているので、学校より授業がかなり先に進んでいる場合。
  2. 単純にもう満員で空きがない場合。

この場合問題なのは1番です。途中から入っても他の生徒に付いていける実力があればともかく、元々他の生徒より遅れいている場合は大変なことになります。

はっきり言っちゃおうかな~!

元々他の生徒より遅れている場合は「個別指導」でもどうにもならない場合があります。

中学生の場合は、どうしても「中学校の定期試験」対策をしなけれなりません。

仮に小学校低学年のところから復習してくださいと言われても無理なのです。
※学校のことはどうでも良いから基礎的な足し算引き算を教えてくださいと言われても、KOSHIN学院のように進学塾の場合は無理です。専門の塾を探してください(平塚市の方でしたら専門の先生をご紹介できます。)

KOSHIN学院は5月や6月から入れますか?

まず小学生の場合は問題ありません。私の都合を言わせていただけば「早い時期」からお預かりできれば、それだけ指導にも余裕ができますので、そんなに厳しくビッシビッシやらなくても大丈夫です。

でも小学校も高学年になって、まだ普通の計算が怪しいようでしたら、1度私に直接相談してください。

なんとかなりそうならお預かりしますし、どうにもならない場合は別な方法をお伝えします。
※障がいのある子でなければ、ほぼ大丈夫ですが、やらなければならないことか膨大になるので、それなりに覚悟してきてください。

ただーし!

全くやる気のない子や、少し叱るとすぐに逃げ出すような子は、小中学生共にお預かりできません。

だって「勉強しなくちゃいけない」のですから。

  • ちゃんと先生の話を聞きなさい!
  • 宿題はちゃんとやってきなさい!
  • 授業中はおしゃべりするんじゃありません!
  • 塾を無断で休んだり、遅刻してはいけません!

こんな当たり前のことができない子は「他の生徒の迷惑」になりますので、KOSHIN学院ではお預かり致しません。

ただ普通にお勉強が苦手という程度でお断りすることはありませんので、ご安心ください。

ですがKOSHIN学院の生徒になったからには頑張っていただきます!

心配でしたら塾の責任者と直接話してください!

連絡しても相手にしてくれない横柄な塾もないこともないのですが、ほとんどの塾では快く相談に乗ってくれます。

ここでも要注意なことがひとつあります。

たとえば「体験の時だけ」ベテランや実力のある先生が指導して、実際に塾に入ったら新人の練習台にされてしまう塾があります。

私が勤めていた某大手塾でも、教室長クラスは上位のクラスを担当し、下位のクラスは新人の練習台。

もっと悪く言えば

  • 成績上位の生徒が塾の評判をあげる
  • 成績下位の生徒が塾の経営を支える

なんてことが普通に横行しているのです。

そういう塾もあるのだということを肝に銘じておいて欲しいです。実際に私もそんな塾で働いたことがあります。

そういうことはイヤだったので、自分の塾には「心を耕す学院→耕心学院→KOSHIN学院」と名付けたのです。

どこの塾でもそうでしょうが、月謝の安い塾でも毎月万単位のお金を支払うことになります。

お金を払う価値がある塾かどうかは、お母さん! あなたしか判断できないのですよ!

ですから、その塾の先生・経営者の話を聞いて、十分納得してから入塾して欲しいと思います。

なかには「名目ばかりの入塾試験」をしている塾もあります。

そんな塾ではかなり成績が悪くても「おめでとうございます! あなたのお子さんは当塾のテストに合格しました!」なんて言って入塾させて、お金を集めています。

決して作り話ではありません。実際にそんな塾に私も在籍したことがありました。
※他塾批判をしたいのではなくて、良い塾を探してくださいね! という気持ちで書いています。

お母さん! あなたのお子さんの良さを引きだしてくれる塾を探してください!

生徒の欠点なんて、言っちゃなんですがうちのバイトの子達でもすぐに分かるんです。ただしうちのバイトの子達は、なんとかして欠点を克服させてあげようと一生懸命頑張っています。

塾の責任者や経営者は「その生徒の潜在的な素晴らしさ」を見出して、それを上手く引き出すことができなければなりません。

どんな人間も「生まれてきた理由」があります。その理由を探し求めることは「人生そのもの」だと思います。

良い指導者と巡り会うことは、その人の人生を変えてしまいます。私も「良い先生」と出会えたおかげで、今があると思っています。

それでは今日はこの辺で。 また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、生徒の良さを引き出す学習塾です!】