結局素直な生徒は伸びるんです・・・【学習塾】

私がKOSHIN学院に入塾すると「勉強に対する姿勢」から鍛え直されます。その第一弾として注意することが多いのが「言葉遣い」なんですけどね。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

小学生だと80%以上の子が、中学生でも数%の割合で、私の質問にたいして「うん!」と答える子がいます。

私はこの「うん」という返事が好きではありません。友達同士の会話ならいざ知らず、仮初めにも私は「塾長」です。

学校で先生に対して「うん!」という返事をしている子が多いのでしょうか。そもそも教師はそれを注意しないのでしょうか。

うん」じゃない! 「はい!」と言いなさい!

まず最初にこのことを注意される生徒は意外と多いのです。

素直な生徒は、すぐに直しますし、2度と「うん!」とは言いません。

こういう生徒は勉強でも自分の欠点はすぐに直そうと頑張ってくれます。教える側からすると「とても教えやすい生徒」と言えます。

ところがギッチョンチョン

いくら注意しても、その場では直してもまたすぐに「うん!」に戻ってしまう子がいます。

こういう生徒は、私に注意されて、それが怖いから一時的に「はい!」にしているだけで、本当に戻そうという気持ちがあまりない子が多いのです。

こういう生徒は、勉強面でも同じ間違いを繰り返します。本気でできるようになろうという気持ちが感じられないことが多いのです。
※ただし本人は直しているつもりなので厄介なのです。

同じ月謝を払って、同じ時間勉強していても、この両者では大きな差がついてしまいます。

では改善しようとしない生徒はどうしたら良いのでしょうか。

きつく叱って泣かすのが良いのでしょうか。それとも根比べで気長に待つのが良いのでしょうか。

正直なところ「こうすればピタリと治る特効薬」みたいなものは存在しません。

ただ、たいていは「年齢を重ねてオトナになるにつれて」次第に治っていくことが多いです。

そもそも「学習塾に長い間通い続けること」は、そんなに容易い(たやすい)ことではありません。

暑くて大変な日もあれば、大雨の日もあります。いくら若いからと言っても暑い中・寒い中通塾することはラクではありません。

塾に来ても叱られて泣いて帰る時もあるかもしれません。勉強が分からなくて涙がポロポロこぼれちゃう日もあります。

それでも塾を辞めないで通ってくるだけの根性のある生徒ですから、必ず「できなかったことができるようになる」ことが増えてきます。

実は私自身も自分から勉強する子ではありませんでした。

私は4歳の時から、強制的にピアノを習わされていました。男の子でしたのでピアノなんか女の子みたいで格好悪いと思ってました。

ですからピアノの練習は本当にイヤイヤだったのでした。

ブルグミューラ」という本があるのですが、その14番に「ステリアの女」という曲があります。

装飾音符を使った難しい曲なのですが、私はどうしても「ステリアの女」を弾けるようになりませんでした。ピアノなんか好きじゃないから真剣に練習することもありませんでした。

そしてとうとう「ステリアの女」から進めずに3ヶ月が経過してしまいました。

さすがに私の母も、この子にはピアノは向いてないのかとあきらめかけたそうです。

ただ当時音大を出たばかりの若い先生が、「必ずできるようになるからあきらめないでください!」と私と私の母の背中を強く押してくれました。

そして3ヶ月後、とうとう私はステリアの女を弾けるようになりました。

本当に嬉しかったのを覚えています。

そのブルグミューラーの14番を境に、私はピアノが大好きになりました。

だって「あんな難しい曲が弾けちゃう」のですから。

その辺りから、先生に言われたことは必ず一生懸命頑張るようになりました。どんなに叱られても素直に先生のいうことを聞いて練習しました。

あれから40年!

ピアニストになれるほど上達はしませんでしたが、生徒達にアニメの曲を弾いてあげるくらいのことはできます。

吹奏楽部員の子や、ピアノを習っている生徒とは、これだけでも気持ちが通じ合います。

私がピアノを弾いてみせると、生徒の私を見る目が、一瞬で変わります。
※あんな顔しているけどピアノが上手なんだという驚き(笑)

ピアノだけでなく、勉強もそうでしたが、「素直に学ぶ姿勢」は、あの頃に培われたのだと思います。当時の先生に今でも感謝しています。

  • 絶対にあきらめない! 途中休憩しても良いからあきらめない!
  • 先生に教わったことは、まず素直に受け容れてみる!

こうした気持ちで日々の授業を受ければ、効果は全然違ってきます。

ピアノも勉強も「できるようになってくるとオモシロイ!」んです。

オモシロイ! 楽しい! と感じられるようになるまでは大変ですけど、ぜひそのレベルに達するまで素直な姿勢で学んで欲しいと思います。

それでは今日はこのへんで。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、生徒の勉強に対する姿勢を重視する学習塾です!】