夏休みの宿題の作文が書けません・・・【学習塾】

以前とは違ってAO入試とか、指定校推薦など「入試」も「志望理由」や「面接」で合否が決まるところが多くなっています。神奈川県の公立高校入試では「全生徒」が「志望の理由」を書いて提出しなければなりません。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

先日卒業生が大学受験をするのですが、志望理由を100字程度で書いて提出しなさいと大学から指示されたそうです。

この生徒は在塾時から成績の良い子でしたし、なかなか考え方もしっかりした子です。

ただ「100字程度」という制約があるために、どうやって文章を書いたら良いか何時間も悩んでいました。

塾長~! 作文が書けません・・助けてください!

と連絡があったので塾に来てもらいました。

どうやらこの卒業生は、「この100文字」で大学の合否が決まると思うと、文章が書けなくなっていたのでした。

まず言いたいことを箇条書きで良いから書いてみる。

文章に「こう書いたら正解」なんてものはないと思うのです。例えば次のように箇条書きにしてみます。

  1. 学校説明会で言われて印象に残ったこと。
  2. 自分独自に学校について調べたこと。
  3. 合格したら、学校で何をどのようにやりたいか。

などについて取りあえず「箇条書き」で書いてみます。

中学生・高校生に文章を書きなさいというと「あれも・これも」書こうとして固まってしまうことがあります。

分かりやすくするために、ラブレターを書いてみましょうか。

  1. 君は顔が可愛い。笑顔がたまらない。
  2. 君は鼻が高くて、スラットしている。
  3. 君は成績が良くて優しい。
  4. 君は足が長くて、スタイルが抜群だ。
  5. 君の歌声がとても綺麗だ。

これって「サイテーの口説き方」だって分かりますか?

そうなんです。短い文章の中で「あれも・これも」入れすぎなんですよ。

今の私」だったら、上記のどれかに絞って一点集中で口説きますよ(笑)

これを読んでくださっているのが女性だったらお分かりですよね。

で! あなたは私のどこが好きなの?

ですよね。一生懸命その女性の良いところを考えた男性は撃沈ですよ。

短い文章なら一点突破ですよ!

ラブレターに千文字・一万文字費やしたって、たぶん読んでる相手はイヤになるだけ。

僕は、どうしてもこのことを伝えたいんだ!

このことを、ヒッシに考えて欲しいんですよ。

このブログでは「字数制限」なんかないから、好きなことをいろいろ書くことができるし、たまには話が脱線しても最後にビシッとしめれば問題ありません。

でも、「志望動機」は字数制限があるのね。あまりにも短くてもダメだし、長くなりすぎてもダメ。応募用紙の記入欄ほぼいっぱいに書く方が見栄えが良いの。

志望校のことを、どうしても結婚して欲しい女性(男性)だと思って、全力で口説きにかかるの。

私のブログを読んでくださってる方には、伝わってると思うのですが、私は「中学生の子を持つお母さん」を全力で口説きにかかってるの。
※不倫とかじゃないですよ(笑)

僕のブログを読んで、入塾を決意してくださった方がいます。

はっきり言っちゃおうと、このブログには「下ごころ」があります(笑)。そうです、KOSHIN学院は「営利を目的とした学習塾」ですから、生徒さんが来てくださらないことには成り立たないんですよ。

でもさ、「いやらしい下ごころ満載」だったらさ、きっと誰もこんなブログ読んでくれないと思うのですよ。

うちはこんな塾で、塾長はこんなことを考えて指導してる塾ですよ!

私がお伝えしたいのは、これだけです。

しかーし!

学習塾の教育」ってそんなに単純じゃなくって、生徒の数だけ、ご家庭の数だけ問題や悩みがあるんです。

この塾に入ったら、うちの子を助けてもらえるのだろうか?

そう思うから、お母様方も一生懸命塾をお探しになられます。

でもさ、塾によっては「外科の手術なんか得意じゃない」のに、「外科の手術はお任せください!」とか言って生徒を入塾させちゃう塾もあるの。

天皇陛下ではありませんが、「心臓バイパス手術」をしたことがない医者が「心臓バイパス手術」しちゃうようなもんなんですよ。

だから私はこのブログで「私にはできないこと」も積極的に訴えているのです。

学習障害などで、あきらかに「学習塾の領域」を超えている方からご相談を受けることがあります。

そんな時は

  • この生徒を私は救ってあげられるのかどうか。
  • 専門の先生をご紹介した方が良いかどうか。

できもしないことを、生徒欲しさ(月謝欲しさ)で、ホイホイ入塾させちゃうなんて、私には絶対にできません。

もっと言うと文章は「オカネ」になるの。

私は「文筆家」じゃありません。ただの「塾教師」です。でも、私が書いた下手くそな広告をみてKOSHIN学院に来てくれた方が数多くいらっしゃるのです。

それで22年やってきました。

広告を出しても、ただの1度も電話が鳴らなかったことも何度もありました。

でもね、その都度反省しながら、試行錯誤して今日までやってきたのです。

時代が大きく変わって「スマホ」の時代になりました。

だから私は「スマホ対応」したホームページを自分で作ったんです。このホームページは「自作」なんです。

自宅にはパソコンがなかったので、なんと「3万円」という格安パソコンを買ってきたんです。毎日この3万円のパソコンでブログを書いているんです。

毎日文章を書いていると、「ネタがなくなるんじゃない?」と思われるかも知れませんが、不思議ともう200件ほど記事を書きました。

毎日いろいろな事件が起こるし、生徒のみなさんも日々変化していきます。

今日は「短く書いておこう」なんて思う日もあるんですけどね、やはり「塾のこと」となるとついつい語っちゃうんです。

だから毎日「今日は何を書くか」を一生懸命頑張って考えるんです。

その文章が誰かのお役に立つことを期待しながら。

いろいろ書きましたけど、今日のポイントは2つ!

  • 箇条書きで良いから書きたい内容を書いてみる。
  • 書きたい内容について詳しく調べて、自分の考えを整理する。

自分の考えを正しく相手に伝えることができるようになると、それはオカネになるんですよ!

それでは今日はこのへんで。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、できないことはできないと正直にお伝えする学習塾です!】