台風や大雪などの場合の対応について・・・【学習塾】

今日(昨日?)の平塚市は午前中は晴れていました。その時点では台風は明日(今日?)明け方に関東地方に接近と言ってたので、今夜は大丈夫だろうと思っていたんですけどね。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

今日は「塾長」として判断の難しい日でした。ただ天気図を見ると、平塚市は台風の進行方向左側になるし、気圧配置的に上陸しにくいだろうと判断して、通常通り授業を行いました。

次のような場合は授業をお休みにします。

基本的な考え方として「生徒の安全を最優先」にします。数年前に入試の直前に「大雪」になったことがありました。

あの時は朝一番で全中3生に連絡して、急遽授業を中止しました。入試の前だからやってあげたかったんですけどね、あまりにも危険なのでお休みにしました。

基本的に次のような場合は授業をお休みにします。

  • 平塚市に警報・特別警報が発令された時。
  • 塾長が危険と判断した時。

それ以外にも、それぞれご家庭の事情があると思います。「保護者の方」が危険、または無理したくないと判断された時はお休みしてくださって構いません。

但し必ずお休みの連絡をください。途中で事故等があったのではないかと心配ですから。

大雪や台風が来ると、実は一番困るのは私なんですけどね。だいたい台風だの大雪だのが来ると平塚市付近は交通が麻痺状態になっちゃうんです。

塾のすぐそばに「神川橋」という大きな橋があるのですが、台風が来ると橋の上でトラックなどが横転して道路をふさいでしまいます。

大雪が降ると、スリップして橋をのぼれないクルマが橋をふさいでしまいます。

何度か「自宅に帰れない」で塾に泊まったことがあります。

生徒の皆さん」は安全第一なので、塾をお休みしても、「判断が難しい」時は必ず私は塾に出勤して待機います。

誰の目から見ても、これじゃ授業どころじゃないな!

そういう時は塾をお休みにしても保護者の方から苦情が来ることはありません。

でも、「なんでやらないんですか?」なんて言われてしまうような状況の時が難しいんです。

私の自宅は「藤沢市」にあるんですけどね、藤沢と平塚では微妙に天候が違うことがあるんです。

自宅のある藤沢市では雪が積もっていて、クルマが動けない時でも塾のある平塚市は全く雪が積もっていないということが何度もありました。

距離にして10kmくらいしか違わないのですが、こういうことがあるんです。

ですから私は「責任者」として、判断が難しい時は一応塾で待機するようにしています。生徒の安否を確認したうえで帰宅するようにしているのですが、帰れなくなっちゃたことが何度がありました。

以前「勤め人」だった頃は、そんなことは上司に判断させれば良かったんですけどね、「塾長」となると「自分で判断」しなければなりません。

一番大変だったのは、あの「東日本大震災」の時でした。

なんせ「計画停電」で電気が来ないんですから。教室は昼間でも勉強するには明るさが足りませんでした。

塾の前の交差点(田村十字路)では、信号もつかないんです。クルマを運転している人達は「神業」のように、交差点を横断していました。あまりにも危険で生徒を塾に呼ぶなんて考えられませんでした。

計画停電の合間を縫って、なんとか授業を続けていたんですけど、かなり変則的な日程になりました。

もう一度繰り返します。

生徒の安全が第一です。大雨・大地震・台風・大雪などの場合は無理して塾に来なくて構いません。ただし必ず連絡してください。

生徒の皆さんには、塾の電話番号だけでなく、私の携帯電話の番号をお知らせしてあります。

それでは今日はこのへんで、また明日お会いしましょう!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、生徒の安全を第一に考えている学習塾です!】