頑張ってるのに点数があがらない子「その1」・・・【学習塾】

時々「うちの子一応家で頑張っているのですが、成績があがらなくて塾を考えています」というお問い合わせを頂くことがあります。これにはいくつか理由があるのですが、今日は「その1」を書きます。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

あれはまだKOSHIN学院を作ったばかりの頃のことでした。ものすごく頑張っているヒロリン(仮称)という女の子がいました。ヒロリンはとても真面目な生徒でした(当時中2)。

でも頑張っても頑張っても成績があがらなくて、本人もすごく悩んでいました。特に理科や数学は大変なことになってました。

ヒロリンは学習じゃなくて作業をしていたのでした。

学習じゃなくて作業」とはとういうことでしょうか。

ヒロリンは一生懸命「ノートまとめ」ばかりやっていたのでした。

ヒロリンのノートはもすごく綺麗で、まるできちんと整理された参考書のようでした。

と、ここまでは良いことのように思った方は危険です!

ヒロリンは「綺麗なノートを作って満足していた」のでした。

数学や理科などでは、綺麗にグラフをノートに書いて、生物の絵などは、まるで「美術の宿題」のように綺麗に書いていました。

ノート作りに追われて、ワークや問題集に手がついていないことが多多ありました。

テストってさ、「問題を解く力」が必要なんですよ。でもヒロリンは問題を解いていなかったのが問題だったわけ。

でも、一生懸命頑張っているで「叱る」のもどうかと思って数ヶ月様子をみたのですが、やはり一向に改善されません。

そこで、ヒロリンに「ねぇ、問題集やワークはやらないの?」と聞いてみました。

すると驚くような返事が返ってきました。

だって問題集解いても分からない問題だからけだから、まずノート作ってたの。

その後もなんとかして、ヒロリンに問題集を解かせようとしたのですが、嫌がってやりませんでした。

ついに中2の学年末試験で、ものすごく酷い点数を取ってしまいました。

ヒロリンのお母さんが心配して塾に来られました。

家でも何時間も勉強しているんですけど、うちのヒロコはバカなんじゃないでしょうか?

お母様としても、「やらないからできない」なら仕方ないけど、「あんなに長い時間勉強しているのに」点数が悪いことが理解できないようでした。

そこで「もしかして、お母さんが中学生くらいの時は綺麗にノート作りしていませんでしたか?」と聞いてみました。

予想通り、お母様も学生時代はノート作り大好きだったそうでした。そこで娘に「ノートは大切よ!」と教えたのだそうです。実際お母さんはそれで、そこそこ点数取れていたのだとか。

でも、お母さんはちゃんと問題も解いてたでしょ?」と聞くと、「もちろんです!」と即答されました。

そこで「ヒロリンはいくら言っても問題を解こうとしてくれないんです。あまり強く言うのも可哀想だし。」とお母さんに伝えました。
※これね、僕の大失敗のひとつです。今なら、もっと上手に説得して、問題を解くことの重要性を教えてあげられます。

お母さんも「ヒロリンは勉強ではなくて、作業をしていた」ことに気がついてくれました。

もうすぐ中3になる時期でしたので、ヒロリンとお母さんをもう一度塾に呼んで、「問題を解くことの大切さ」をヒロリンに理解してもらいました。

実は「作業」になっている生徒は多いのです。

特に「学習・勉強」ではなくて「作業」になっている生徒は意外と多いのです。中2・中3になって真面目にやってるのに成績があがらない子は、こうしたタイプが多いです。

ノート作りが全部悪いわけじゃありません。

例えば理科なら
「BTB溶液」「フェノールフタレイン液」「インジゴカーミン」「酢酸カーミン」「塩化コバルト」などの試薬がゴチャゴチャになって、頭の中でとっちらかっちゃった!

こんな時はノートにそれぞれの違いを整理するべきです。

※「学研CAIスクール 東久留米滝山校」の白井塾長先生のブログが参考になります。

もちろんKOSHIN学院には「分かりやすい参考書・資料集」もたくさんありますので、ぜひ生徒の皆さんは使ってください。

少し話が逸れるのですが、中学校で「理科の資料集」「歴史の資料集」「国語の資料集」などが配られている中学校が多いのですが、あれは面白いですよ!

成績が良くない子ほど見てないのが残念(>_<)

今日のまとめです。

いきなりノートまとめではなく、

  1. まず学校の授業をしっかり聞く。
  2. ちゃんと問題集を解く。この際最初は絶対に答えを見ないで「自力」で解くこと。
  3. 上記のことをした上で、間違い直しをし、混乱しているところはノートに整理する。
  4. それでも分からない箇所を塾で教えてもらう。

順番がめちゃくちゃだと、頑張っても成績上がりませんよ!

それでは今日はこの辺で。また来週お会いしましょう。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、「正しい勉強の仕方」を教える学習塾です!】