頑張ってるのに成績があがらない子「その2」・・・【学習塾】

実はね「テストの点数」をあげるのなんか簡単なんですよ。私が要求するしたことを全て完璧にやらせれば良いだけですから。他塾では「帰宅許可テスト」なんかやってるところがあるけど、確かに「一時的」に点数があがります。

こんばんは。KOSHIN学院塾長の瀬下です。

もう1回繰り返しますけど「帰宅許可テストで点数があがるのは一時的」なものです。先生が帰宅許可テストやらなくなったら、またすぐに元に戻りますから。

だいたい、そんなものやったらさ、

  • 生徒は早く帰りたいから、分かってなくてもなんとかテキトーに答えを書いてくる。
  • 帰宅時間が遅くなり、非行や事故の原因になる。

だけですよ(経験者は語りますよ・・以前勤めていた大手塾でやってましたから)

って、今日はそんなことを書きたいんじゃないんです(笑)

授業中にノートをとるのに夢中になっている生徒

今は「一斉授業」をしていませんが、一斉授業(教師が黒板を使って学校のように授業するスタイル)をしていた時のことです。

とても真面目な中3の女の子(仮称:ハルちゃん)がいました。ものすごく真面目に頑張っているのですが、どうしても「壁を越えられなく」て悩んでいました。

ハルちゃんが、どうしてもTOP争いに加われない原因はすぐに分かりました。

とにかくノートをとるのが遅い!

私が授業をしていても、ハルちゃんが黒板に書いたのをノートに写すのを待っていると、なかなか授業が進まなくなってしまうのでした。

そこでハルちゃんに「学校の授業はどうしてるの?」と聞いてみました。

すると「ノートをとるのが間に合わなくて、しかも書いてる途中で学校の先生が黒板を消しちゃうことがある」とのことでした。

私が授業していても「ノートをとる」ので精一杯で、私の説明を聞いていないことも時々ありました。

どうやらハルちゃんは「授業を聞くより、ノートをとる方が大切」だと思っていたようなのです。

当時私はハルちゃんの「英語」を担当していました。

そこでハルちゃんには特別に「予習ノート」を宿題で作ってきてもらうことにしました。

真面目な頑張り屋のハルちゃんですから、こころよくOKしてくれました。

私が指示したのは概ね次のようなことでした。

  • 英語の教科書の本文を書いて、その下に「自分なりの本文訳」を書いてくる。
  • 新出単語以外にも本文中で分からない単語があれば、前もってしらべておく。

これだけなのですが、教科書の訳を教えてあげたときに、「もともと自分で訳しても分からなかった」ところを中心に授業を聞くことができるようになったのです。

授業を受ける前に「ここは絶対に聞いておきたい!」という目的を持って授業を受けることができるようになりました。

すると私の担当では無い科目の担当教師の授業でも、ハルちゃんは前もって「予習ノート」を作ってくるようになっていました。

とても丁寧に字を書く子なので、ノートをとるのに時間がかかっていた問題点をみごとに克服しました。

もちろんハルちゃんは「第一志望校」に見事に合格しました。

ノートをとるのが大変で授業を聞いてない子!

ハルちゃん以降も、こういう生徒さんをたくさん見てきました。

もしかすると、あなたのお子さんもそうかもしれませんよ!

ようするに「作業」に時間がかかりすぎて「勉強」になっていなかったのです。

特に女の子に、こういう傾向が多くみられます。

うちの子一生懸命頑張っているのに、なんで成績があがらないんだろう?

と悩まれているお母さん!

  • 前回ブログで書いた「ノート作り」に夢中で問題を解いていない。
  • 今回ブログで書いた「ノートをとる」のに追われて授業を聞いていない。

この2点をさりげなく探ってみてください。必要とあれば現在通ってる塾の先生や、学校の先生に相談されてみるのも良いです。

もちろん、KOSHIN学院の生徒には私が目を光らせています。
※本当に光ったらこわいけど・・(笑)。

それでは今日はこの辺で。また明日お会いしましょう。!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、生徒の学校での授業の受け方も気にかけている学習塾です!】