つい「勉強しなさい!」と言ってしまう母親・・【学習塾】

そういえばここ数年、保護者の方から「勉強しなさい!」って言っちゃうんですと言われなくなりました。

その代わりに「最近家でも勉強するようになったんです!」という言葉をいただくことが多くなりました。

いろいろ理由はあるのですけどね・・・

  • 毎日通って良い塾にしたから
  • ほんの少しでも宿題を出しているから
  • 生徒達のやる気を引き出しているから

とにかくKOSHIN学院としては嬉しいご報告をいただいております。なかでも「毎日通っても月謝が増えない定額制」にしたのが大きかったと思います。

それ以前は、保護者の方から「家でちっとも勉強しないんです!」というお母様方の声を聞くことが多かったです。

ちょっとこちらの動画をご覧ください。

塾の先生や、学校の先生によっては「勉強しなさい!」と言わない方が良いとおっしゃる先生がいるのは、もちろん承知しております。

しかーし!

勉強しなさい!」と言わなかったら、特に男の子なんか全くと言って良いほど勉強しませんよ。

言ってもやらないから放っておくなんて悠長なこと言ってたら、本当にどこの高校にも行かれなくなりますよ。
※地域差はありますが・・・。

もう少し付け加えると「高校」って「勉強しにいくところ」ですから。

「勉強しなさい!」と叱ってしまう時の対処

実は私も「勉強しなさい!」と心の中で思うことは、今でもあります。

私の場合2種類の対処の仕方をします。

  • 少しきつく言って奮起を促す
  • 「一緒にやろう!」と声をかける

少しきつく言って言い聞かせることもありますが、失敗すると大変なことになります。

私が「きつく」言うときは、もうそれ以外に方法がない時です。言わば「勝負」に出たときなんですね。

ですから「初めてKOSHIN学院に来たばかりの生徒」に、いきなり「勝負に出る」のは極めて稀なケースです。

要するに「よほどの場合」だけということです。

それよりは「先生と一緒にやろう!」というスタンスが良いですね。

生徒をひとりぼっちにさせないことが有効です。

かなり勉強出来る子でも、誰もいない部屋でひとり静かに黙々と勉強出来る子は少ないです。

その点、塾で勉強するというのは理にかなっていると思うのです。

塾に来れば周りの生徒も勉強していますし、分からない問題があればその場で教えてもらえるし。
※その場で教えられる教師が揃ってない塾なんか論外です。

もう「勉強するしかない」という雰囲気が塾にはありますから。
※勉強する雰囲気にない塾はもはや塾じゃありません。

KOSHIN学院の卒業生達は、「みんなで一緒にやったから」すごい量の勉強をすることができたと言っています。

ですから「勉強しなさい!」という代わりに「塾を探す」ことも考えてみてはいかがでしょうか。

勉強しなさい!」という代わりに、勉強する環境を整える。

意外に思われるかもしれませんが。

勉強」って自分の部屋で、ひとり静かにするというイメージがありますが、私は少し違うと思っているんです。

かと言ってテレビがついてるガヤガヤしている場所では、集中できません。

私はこのブログを聞きながらBGMを聞きながら書くことはあります。意外と集中してブログを書くことができます。

でもテレビで野球中継を見ながらとなると、全く集中できません。だからテレビは消しちゃいます。

ですから理想を言えば、リビングなどで

  • お父さんは新聞を読んでいる。
  • お母さんは雑誌を読んでいる。
  • 子どもはそこで勉強している。

という状態が良いと思うのです。人の気配がある方が集中できる場合もあるんです。

そんな家族になれたら良いなと思うのです。

特に小学生くらいだったら、自分の部屋より「リビングで勉強」の方が集中すると思います。

人間って「完全に無音の状態」だと精神のバランスがおかしくなると言われています。

ですから「自分の部屋に行って勉強しなさい!」というよりは、「宿題をここに持ってきてやっちゃいなさい。」の方がずっと良いと思います。

子どもだって「本気で集中して1人静かに暗記したい。問題を解きたい」と思えば、勝手に自分の部屋に行きますもん。

それでは今日はこの辺で。また来週お会いしましょう!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】