行きたい高校に進学して欲しい!・・【学習塾】

私が以前勤めていた塾では・・

湘南高校合格150名!
平塚江南合格120名!

などと大々的に広告に載せていました。知らない人が見たら「すごい」と思いますよね。

でもね、ある時「大手塾」の湘南高校合格者の合格者人数を足してみたんですよ。

すると予想通り

募集定員」より、広告に掲載されて合格者の人数の合計の方がはるかに多いのです。

深く追求しませんが、どうなってるのでしょう。

私も若かりし頃は、※※高校合格□□名!

なんて愚かなことを自慢していた時期がありました。

それじゃ聞きますけど、「湘南高校以外の生徒」って何なのでしょう?

昨年度湘南高校の募集定員は360名。それに対して昨年度の神奈川県公立高校総志願者数は52,892名

つまり52,530名は・・・(この話はおしまい)

行きたい学校に行かれるように指導するのがKOSHIN学院流!

私が大手塾に嫌気がさした理由の一つが「※※高校合格□□名!」と自慢していることなのです。

いや、それが「間違ってる」と言いたいのではありません。

ただ私は「イヤ!」なんです。

KOSHIN学院の地元に、「平塚湘風高校」という高校があります。

偏差値的には、決して高い高校とは言えません。

しかーし!

中学校の先生から「このままでは公立高校は厳しい」と言われてしまった子が、その後一生懸命頑張って見事に平塚湘風高校に合格し、家族みんなで大喜びしてくれるなんていうケースは毎年のようにあります。

私はその生徒が「頑張ったこと」を誉めてあげたいんです。

あの時あんなに頑張れた」ということが自信となって、今後の人生に役立ててもらえたら嬉しいです。

進学を希望する理由も様々でよい

中学生の時から「サッカー」が大好きな女の子がいました。

しかーし!

中学校には「女子サッカー部」はありませんでした。

普段の練習は「男子に混じって」行っていましたが、「正式な試合」に出場することはできませんでした。

彼女も、彼女のお父様も「サッカー」が大好きで、高校は絶対に「女子サッカー部」があるところへというのが、その生徒の希望でした。

正直なところ成績的には、判断に悩むところでしたが、「サッカー部のある高校」に進学したい一心で、勉強も本当に一生懸命頑張りました。

そしてドンドン成績をあげて、ついに「併願しなくても大丈夫
※いわゆる「滑り止め」しなくて良いというレベル

になりました。

そして見事に志望する高校に合格できた、彼女の笑顔は今でも忘れられません。

そして彼女のご両親が「部活と両立できる塾で本当に良かった!」と言っていただけました。

確かに一生懸命勉強して、湘南高校に進学したのも素晴らしいけど、こうして部活と塾を「両立」させて「希望する高校」に進学したことも負けないくらい素晴らしいことだと思うのです。

何事も一生懸命やらなければ面白くない!

何事も「一生懸命やらなければ面白くない」と思っています。

仕事だって、デートだって、遊びだって、部活だって、食事の支度だってです。

自分はやりもしないで、文句ばかり言ってたんじゃ誰からも相手にされなくなりますよ。

でも「いつも一生懸命頑張ってる人」の周りには、自然と人が集まってきます。
※これは私が塾長として、一番気をつけていることのひとつです。

勉強だって一生懸命やると「楽しい」ですよ!

いやいやダラダラやってるから、つまらないんです。

さて! 今年の中3生も盛んに高校見学に出かけています。

自分の行きたい高校!」を見つけて、そこに行かれるように一緒に頑張りましょう!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】