試験で一番大切なのはテスト直し!・・【学習塾】

先週で前期期末試験が終わり、今週は試験の結果が返ってきました。

理想は全生徒全教科満点ではありますけどね・・実際にはそんなことを望んでいる生徒も、保護者も滅多にいません。

よくできた科目もあれば、あまりできなかった科目もあるのは仕方のないことだと思います。

しかーし!

  • やった!点数あがった!
  • あらら、こりゃひどいわぁ!

で終わっちゃいけないんですよ。

一番大切なのはどれだけテスト直しができるかなの!

試験ですから、そりゃ点数は大切ですよ。悪くいえば「点取り合戦」みたいなもんですからね。

しかーし!

次に良い点数をとるために、絶対にしなければいけないことがあります。

それはテスト直し!です。

  • これはどうしてこういう答えになるんだろう?
  • 何と何を勘違いしちゃったんだろう?
  • どうしてこの問題が解けなかったんだろう?
  • これが今度また出たら、どうすれば良いのだろう?

こういうことを、しっかりやって置かないと、次の試験でもまた似たような問題が出るのですから。

そこで今日は中3生全員「今回の試験問題」を持ってきてもらいました。

今日は徹底的にテスト直しをする日だよ~!

昨日のうちに、そう生徒達に伝えておきました。

テスト直しで絶対にやってはいけないこと!

いつも不思議に思うのですが、中学校の先生はテスト直しをさせる時に「問題文」「図やグラフ」も必ず書いて、レポート提出しなさいというのでしょうか。
※要するに宿題のための宿題なのよね。

ただこれは「学校の宿題」ですから、中学の先生の指示通りにやらなければ成績がさがってしまいます。

ですから「見やすさ」も気をつけて、綺麗なレポートの書き方のコツを生徒達に指導しました。

しかーし!

これはあくまでも「学校の宿題」だから、綺麗なレポートの作り方を教えただけです。

実は、私は生徒に「問題文を書き写す」なんてことは、絶対にやってもらいたくないんです!

そんなところに時間を費やしてどうするの?」と思うのです。

そんなもん書いてる時間があったら、どんどん問題を解けるようにしたり、分からないところを調べたりる時間にあてて欲しいんです。

図形の問題などの場合は、実際にノートに作図して考えるように指導していますけどね。

もう一度繰り返します!

なんのためにテスト直しをするのでしょうか?

答えは簡単です。

次に似たような問題が出たら、確実にその問題が解けるようにするためです。

高校入試は、どれだけテスト直しができるかだ!

KOSHIN学院では、中3生全員入試までに全部で6回入試模擬試験を行います。

高校入試の試験範囲は「中学校で習った範囲全て」なんですけどね、

ちょっと考えて欲しいのですけど、どんなに素晴らしく頭の良い子でも、中学で習った範囲全てを入試直前に全て学習するなんてことは、まず無理です。

だからテスト直しが大切なんです!

KOSHIN学院で採用している模擬試験は、専門家が工夫して作っています。

この模擬試験6回分と、入試の過去問5年分やれば、ほぼ「入試で大切なこと」は網羅できます。

そこまでやっても出来ない問題は、他の生徒もできないから無視して良いのです。

入試って「満点」を取る必要ありませんから。「合格できる点数」を取ればそれで良いのです。

では合格できる点数を取るためにどうすれば良いのでしょうか?

答えは簡単です。

模擬試験や、入試の過去問を解いた後、「ちゃんと頭に入るまで」テスト直しをすればよいだけです。

ところがギッチョンチョン

模試の直しをしなさい!」なんて言うと、自分で考えるのが面倒くさいもんだから、全部模範解答を写してきちゃう子がいるんです。

  • 模範解答を写してくる。
  • 解説を写してくる。
  • 問題文を書いてくる。

はっきり言っちゃおうかな!

こんなことしてたら、本当に不合格になっちゃいますよ!

要するにこれじゃ「頭になにも入っていない」のですから!

最後にもう一度繰り返します!

なんのためにテスト直しをするのでしょうか?

答えは簡単です。

次に似たような問題が出たら、確実にその問題が解けるようにするためです。

みんな不合格になりたくないから、一生懸命頑張るわけじゃん。

だから面倒くさがらないで、当たり前のことを確実に頑張りましょう!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】