高校入試まであと114日!・・【学習塾】

このブログを書いているのは10月23日月曜日です。昨夜の台風ですが、皆さん大丈夫でしたでしょうか?

衆議院議員選挙も大切ですが、私は台風の音であまり眠れませんでした。

しかし台風一過。一転して午後からは「秋晴れ」の素晴らしい天気となりました。

それにしても今年の10月は悪天候が続きました。異様に寒かっただけでなく冷たい雨が続きました。

こうなってくると私の一番の心配事は『生徒の体調』です。

  • 風邪をひく生徒が増えないか
  • 雨天続きで精神的に滅入っている生徒はいないか。

心配事を並べると、私まで気持ちが滅入ってきそうです。

だから余計に「今日の晴れ」は嬉しいです。

入試まであと4ヶ月を切りました
お天気とは別にこの時期になると心配なことがあります。

それは

  • どうせ僕なんか頑張っても
  • もうどうでも良いや

とあきらめて投げやりになってしまう生徒が出てくることです。高校入試という目に見えない重圧が中学生に無言のプレッシャーを与えます。

重圧がかかるのは、人間誰でも嫌なものですよね。私も時々「のどかな田舎で暮らしたいなぁ~!」なんて夢を見ることもあります(笑)。

ですから、生徒達がいっそ何もかも投げ出してスッキリしてしまいたいという気持ちになる気持ちも分からなくはありません。

もし投げ出しても人生やって行かれるなら、それはそれで良いのかも知れません。

しかーし!

まだ小学生・中学生の子達が「投げやりな人生」を送るところを私は見たくありません。

勉強も何もかも投げ出せば「一時的」にスッキリするかもしれませんが、あとから「ひどい後悔」の気持ちがやってきます。

教育というのは「あとででは遅すぎる」と、私が中学生だった時の校長先生が、いつも保護者を集めて力説しておられました。

行きたい高校に進学して欲しい!

KOSHIN学院は全員東大に合格させようなどという気持ちは端から持っていません。みんなそれぞれ希望する高校に進学して欲しいと思っています。

  • 絵が上手な子
  • 困ってる人に優しくするのが好きな子
  • 機械いじりが好きな子

生徒達をみていると、みんなそれぞれ良いところがあります。

人生というのは「自分の良いところを発見する旅」のようなものだと松尾芭蕉も言っています。

幸い平塚市には公立高校は普通科だけでなく「農業」「工業」「商業」といろいろな高校があります。少し足を伸ばせば「総合産業」などという高校もあります。
※平商は現中1まで受験できます。

途中であきらめないで、最後までやり遂げる喜びをこのKOSHIN学院で学んでもらいたいと切に願っております。特に中3生の皆さん! 今はつらいけど、みんなで一緒に乗り切りましょう!