中3生!内申に関係する最後の定期試験・・【学習塾】

今日は本当は「あまり教えたくない情報」です。

KOSHIN学院の地元の「横内中学校」では来週中3生事実上最後の定期試験「後期中間試験」があります。
※神田中学校はさらに翌週です。

もう「試験範囲表」が配られているのですが、この時期に一番多いのは

試験範囲は「最初から習ったところまで」というパターンです。

例えば英語の場合ですと、Lesson5と6を中心に「最初から」となっています。

試しに中3の生徒達に質問してみました!

塾長:「みんな試験範囲が最初からって書いてあるよね。そこでとっておきの勉強方法があるんだけど、どうしたら良いと思う?」

生徒A:「ワークを最初から全部やりなおす?」

塾長:「あと一週間なのに、最初から全部やれますか?」

生徒A:「・・・・・。。」(無言)

生徒B:「教科書を最初から覚え直す?」

塾長:「あと一週間なのに、最初から全部やれますか?」

生徒B:「・・・・・。。」(無言)

生徒C:「単語だけでもやる・・」

塾長:「単語をやるのは良いことです。でもそれだけで試験できるかな?」

案の定生徒達はみんな黙ってしまいました。もちろん「やる気」はあるけれど試験は英語だけじゃないし、いくらなんでもそんなにやり切れないですよね。

皆さんが先生だったら、どう指導させますか?

もし皆さんが「私の立場」でしたら、どんなアドバイスをされますか?

うちの中3は良い子ばかりですから、それなりに頑張ってくれると思いますが・・

しかーし!

生身の人間ですから、やれることには限度があります。しかも「あと一週間」しかありません。

はい! とっておきの方法があるではありませんか!

今までの試験問題をもう一度やり直すこと!

短期間で、これほど効果があることは他にはないと思います。

そこでKOSHIN学院の中3生には、明日は「今までの試験問題」を全部持ってくるように指示を出しました。

なんだぁ・・そんなの当たり前じゃん!

と思った人はいませんか?

でも「成績が良い子」って、当たり前のことが確実にできているから成績が良いのです!

何度も繰り返しますが、KOSHIN学院では「当たり前のことを確実に実行する」ように指導しています。

いくらうちの生徒が良い子達だと言っても、納得できない理不尽なことは頑張れません。

試験問題を解き直すにしても!

これもいつも言っている通りですが、試験問題を解き直して「答えが(ア)だの(イ)だの」書いても、なんの意味もありません

  • どうしてそうなるのか。
  • まずどこを求めたら良いのか。
  • そもそもこれってなんだっけ?
  • ゴチャゴチャしていることを整理する。

そういう当たり前のことをしっかり勉強して欲しいです。

特に今回は中3生にとって事実上最後の定期試験です!

ほとんどの中学校の先生が「高校入試」を意識した出題をしてきます。

ですから「今まで指導した内容が、しっかり理解できているか」を問う設問が増えます。

ですから、最後にもう一度繰り返します!

今までの試験問題をもう一度やり直すこと!

これは必ずやりましょう! もちろんKOSHIN学院ではしっかり行います。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】