英単語が覚えられない生徒・・【学習塾】

塾の先生になってから「どうしても英単語が覚えられない生徒」をたくさんみてきました。

  • なぜ覚えられないのだろうか?
  • どう指導したら覚えてもらえるのだろうか?

随分悩みましたし、いろいろ研究してきました。

英単語を覚えられない生徒は、当然のことながら英語の成績も悪いわけで・・・

しかーし!

そこをなんとか」してあげるのも「プロの仕事」なんですけどね・・

当時は「新米の塾教師」だった私は、上司にもいろいろ相談してみました。でも「これ!」という返事をもらうことはできませんでした。

  • 英語は読ませることが大切!
  • 書いて覚える!

と言われたのですが、その通りにやっても効果はあまりありませんでした。

十年以上悩みましたが、ようやく少し答えらしきものが見えてきました。

英単語は最初は書いて覚えようとしてはいけない!

苦手な科目を勉強するときに、いきなり「書く」という作業から入ると非常に効率が悪いのです。

最初は書かなくて良いのです!

というよりも「書く」という作業をする前に「するべきこと」があるのです。

それは・・

まず口で言えるようにすること!

です。

例えばノートに

(1)1月:
(2)2月:
(3)3月:

(12)12月:

と「日本語」だけ書いておきます。ここでいきなり

January January January January Januaryなんて書き始めてはいけません。

本来カタカナで英語を覚えるのもいかがなものかと思いますが、ここでは説明の都合上カタカナで書きます。

「1月」は「ジャニュアリー」
「2月」は「フェブラリー」

と「日本語だけ見て英語で言えるように」するのです。

こうすれば「いきなり書く」よりも、たくさん練習することもできますし。

口で言えるようになってから初めて「スペル」の練習をすれば、わりとすんなりと覚えられるようになります。

私の指導で間違っていたことは

  • 読めないものは覚えられない。
  • 意味が分からないものは覚えても意味がない。
  • そもそも「口で言えない」から、いくら書いても覚えられない。

ということを指導してあげられていなかったから、英単語を覚えられない生徒がいたのでした。

やり方を教えてあげるだけで「覚えられるようになった生徒」がたくさんいました。

しかーし!

それでもまだ「上手に覚えられなくて苦労している生徒」もいました。

それを解決してくれたのが、我が塾が誇る「卒業生スタッフ達」です。

単語を覚えられなくて苦労している生徒に、

「それでは※※先生(スタッフ)に、一緒に覚えてもらおう!」

って言ってあげると、特に中学1年生なんかすごく喜ぶんです。

お兄さん・お姉さん先生が、一緒に覚えてくれるというのは、生徒にとって「心理的ハードル」がすごく下がるみたいです。

1ヶ月もすると、あんなに苦労していた英単語の暗記が、わりとスラスラできるようになっているんです。

こういう時は、生徒もスタッフもすごく誉めてあげます!

 

おぉ! すげぇじゃん! 覚えられたじゃん!

この言葉をかけた時の生徒の笑顔はたまらんです。本当に素敵な表情をしています。

色々なタイプの生徒がいます!

たまに生徒から「たくさん書いて覚えた方が良いですか?」と質問を受けることがあります。

これは「私自身のこと」なのですが、英単語を覚えるときに実際に100回単語を書いてみました。

結果は「全然覚えられなかった」のでした。

しかもたくさんかいているうちに「別の文字」になっちゃってました(笑)

Januaryと書いているつもりが、いつのまにかJeniary(銭あり~)になっちゃったりしてました(笑)

KOSHIN学院の卒業生で英語がすごく得意な女の子がいました。

加藤さんと、志村さんと言います。(仮称)

加藤さんは単語を覚える際に「いかにラクして覚えるか」に重点をおいていました。

反対に志村さんは「なるべく反復練習する」ことに重点を置いていました。

加藤さんがまるで「写真を撮る」かのごとく頭に焼き付けていくのに対し、志村さんは「ノートが真っ黒になるほど単語を書いて」頭に入れていました。

どちらが良いと思いますか?

私は「どちらも良い」と思うのです。

ようするに覚えてくれれば良いのですから!

KOSHIN学院には卒業生スタッフが数名いるのですが、みんなそれぞれ「覚え方」が違います。

生徒達には、それぞれの先輩の覚え方を教わって「自分が一番やりやすそう」な先輩のやり方を真似するように指導しています。

ただ加藤さん、志村さん、現在のスタッフともに共通していることは

まず言えるようにすること!

意味も発音もしっかり分かった上で言えるようにして、それから各自の方法で覚えているのです。

英単語がなかなか覚えられなくて苦労している皆さん、まず「言えるように」してみてください。

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】