宿題はやらなくちゃいけないんだよ!・・【学習塾】

地元神田中学校・横内中学校では、来週から1~2年生の「後期中間試験」が行われます。

試験範囲表が既に配布されているのですが、学校の数学のワークだけで「70ページ近く」も宿題が出ています。

このことに早く気がついたので、中1は「塾のワーク」はSTOPして、とにかく「学校のワーク」をやらせることに全力を尽くしています。

しかーし!

考え方が甘い中学1年生の男子は、昨日の祭日でも「一問も宿題をやってない」のでした。

もう頭に来てビール瓶で・・(某横綱じゃあるまいし)・・というわけにはいきません・・
※この事件はどっちが良いか悪いか知らないけど、相撲ファン・お客さんを馬鹿にしていますよね(>_<)

確かに70ページもやれと言われても・・

お勉強が苦手な子が「数学のワーク70ページ近くやって来い!」と言われても、それはいくらなんでも厳しいとは思います。

しかーし!

やる子はやるわけですよ!

ちゃんとやっていくような生徒は、当然のことながら成績も優秀なんです。

うちの頑張るボーイは、すでに全科目の「学校から出題されたワーク」は既にやり終わっています。あとは「試験に向けて」自分の勉強をする体勢に入っています。

当然のことですが!

ちゃんとやってるから成績が良い!

のですよ。

ところがギッチョンチョン

しかーし!

残念な生徒は「宿題は終わらなくても構わないと思ってた」なんて平然と発言した子がいて・・・・
※ビール瓶はイタシマセン(笑)

ただし、まだ中1なので・・・

中3のこの時期だったら、これはもう「退塾処分」レベルの話です。理事長室に呼び出して厳重注意・・って相撲じゃありませんね・・。

しかーし!

ここで気持ちを入れ替えて、真剣に頑張るなら!

まだ、どうにかしてあげられると思います。
※もちろんかなり厳しいし、苦しいですよ! 
※暴力は使いませんのでご安心ください。なので鳥取県警は呼ばなくて大丈夫(笑)。 

お勉強が苦手な中1生達も、少しずつ「私の言っていること」を理解してくれて、なんとか「学校から出された課題」だけでも終わらせようという気持ちが芽生えてきてくれました。

こうした「意識改革」って、1回注意したくらいでできるもんじゃありません。

最短で半年。長ければ2年半かかります!

気の遠くなるような作業ですが、「小さな積み重ね」を積み重ねていくしかありません。

土日は朝から試験対策やりますよ~!

今日と明日、11月25日・26日の土曜日・日曜日は「朝から試験対策特別授業」を行います。

中1・中2の生徒には「なんとしても学校の課題は終わらせよう!」と指示を出しています。

中1・中2の試験対策をやるよ!」と言ったら・・・

中3生が「僕も行って良いですか? 私も行きたい!」と言い出してくれましてね。これは嬉しかったです。

そんな中3生でも、去年の今頃だったら「自分から土日も塾に行きたい」なんて言い出す子は、1人か2人しかいませんでしたけどね。

KOSHIN学院は「全学年同じ教室」で勉強します。教室がひとつしかないから、そうせざるを得ないのですが。

そうすると、中1・中2は「中3生の頑張る姿」を目の当たりにするわけです。

だから、中1・中2で成績の良い子達は、試験前は目の色を変えて勉強してくれます。

まだそこまで意識が高くない子も、少しずつ変化し始めています。

私はこういう「頑張る生徒」が大好きです。

生徒に限らず「一生懸命頑張る人間」が大好きです。

文句ばかり言って、自分じゃ何もしない人間は・・お付き合い・・イタシマセーン!

最初はうまくできなくても構いません。

いきなりみんなと同じくらいできなくても構いません。

しかーし!

絶対にできるようになってやる!

そういう強い気持ちをがある人間に育って欲しいです。

それでは今日はこの辺で。また来週!

※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】