間違いだと指摘されるのが怖い・・【学習塾】

勉強に自信のない生徒は「無意識」のうちに

  • 間違いだと指摘されるのが怖い。
  • 何か言われるんじゃないか。
  • 怒られている、早くこの時間が過ぎないか。

と思い込んでしまうと「家庭教師のLinks・代表の村松先生」がtwitterで述べておられます。

先生は「間違いを間違いだと気付くことは成長する上で必ず重要なこと」で、それらを恐れていては前に進めない。

とおっしゃってます。

これに私なりの言葉を付け加えると、「自分に自信のない子ほど質問に来ない」のです。

傷つくことへの恐怖!

私も小中学生の頃は「毎日のように」叱られていました。叱られるのって誰だってイヤですよね。

そうなってくると「無意識」の間に「心の中にバリア」を作ってしまいます。

しかーし!

教える側」からすると、これほど厄介なものはありません。

毎日「あの手この手」と試しながら、その生徒に合った指導を見つけていく以外にありません。

そして少しずつ「心のバリア」が外れてくると、生徒は少しずつ「質問する」ようになってきます。

しかーし!

ここで油断すると、すぐに元の木阿弥になってしまいます。

小学校高学年以上の子になれば、勉強できないことで叱られないように、いろいろな防御方を身につけてしまっています。

こうなるのに「何年もかかって」いるんです。

このようにドロドロにこびり付いた悪癖ですから、そう簡単に改善とはいきません。

恐れていることの大半は起こらない。

大人になってくると、自然とこのことを会得していくものですが・・
※大人になっても呪縛が解けない人も多いですけどね

例えば「あの人と会うの嫌だなぁ~!」と思ってる人がいたとします。

でも実際に会って話してみると「意外といい人じゃん」みたいな経験がある人は多いのではないでしょうか。

私なんか「今でも」よくそういうことがあります。

これを生徒に置き換えてみれば、「なんか先生に質問するの怖いんだよ」ということになるのではないでしょうか。

  • こんなことを質問したら馬鹿にされるんじゃないか。
  • こんなことも分からないのかと言われるのではないか。

と質問する前から勝手に頭の中でイメージしちゃうのです。

本当のことを白状すれば、私も「若かりし頃」には生徒にそんな言葉を言ってしまったことがありました。

今更どんなに悔いても、その生徒にお詫びする術はありませんが、その代わりに「今来てくれている生徒・これから来てくれるであろう生徒」のみなさんには、そんな思いをさせたくないと思っています。

生徒の心のバリアがとけて、少しずつでも質問するようになった時には、私はその生徒すごぉ~く褒めます!

今の質問は素晴らしい!

よくそこに気がついたね!

そんな感じです。

叱られるんじゃないかと恐る恐るだったのに、こんなに褒められた!

 

※写真は1年前にはその恐怖に震えていた子が、最近自分で書いた年表です。

 

1年前は恐る恐るだった子でも、少しずつ自信をつけてくるといつの間にか、こんな素晴らしいノートを作れるくらい「見違えるほど」素晴らしい生徒に成長してくれるんですね。

自信を付ける」ってすごいことなんですね!

しかーし!

実はまだこの生徒は完全に自信がついたわけでもないのです。

だから「こちら側の姿勢」はすごく重要です。

しかーし!
※今日は「しかーし!」が多い

この生徒は本人も保護者の方も驚くほど成績があがっています。

こうなってくればシメたものです!

でも、ここまでになるには「本人のものすごい努力」がありました。

どんなに暑い日でも寒い日でも、雨の日でも「一生懸命休まないで塾に通って」くれました。

私はこういう生徒達の指導に携わることができて、本当に幸せです!

そしてこれからも、このように「一生懸命頑張る生徒」にとっての正義の味方でいられるように、私も頑張ります!

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】