神奈川県公立高校入試における倍率・・【学習塾】

神奈川県公立高校入試まであと19日になりました。
※入試情報はこちらのページに掲載しています。

神奈川県公立高校入試では気をつけなければいけないことがあります。

それは事前に公表される「倍率」です。

募集定員に対して何名が応募するか、これが意外とくせ者です。

定員割れの場合全員合格できるのか?

結論から言うと「全員合格」できます。

これはカナガクさんのホームページでも記載されています。

ですから私もこの「入試倍率」は注視しています。

この倍率なんですけどね・・

今年は「募集期間」が1月29・30・31ですので、31日の夜には神奈川県教育委員会のホームページで

  • 募集期間最終日 1/31(水) の夜
  • 志願変更最終日 2/7(水) の夜

に発表されます。

各公立高校では、募集・志願変更期間中毎日、受付時間の終了後速やかに、志願者数を掲示する決まりになっています。正面玄関・事務室近くのガラス窓などに掲示する場合が多いようです。

しかーし!

入試倍率ってできたら一刻も早く知りたいですよね?

高校が自宅のすぐそばにあるのでもなければ、いちいち高校まで見に行くのは大変ですし、そんな時間があったら「勉強」して欲しいですよね!

そんな方にとっておきの情報があります。全県模試さんのホームページで情報が入り次第判明分の倍率が掲載されます。

全県模試さんの特設ページ

↑こちらから御覧いただけます。志願変更するかどうかの参考にしてください。

またカナガクさんのホームページには、いろいろな入試に関する情報が載っているので、この時期は参考になります。
※カナガクさんの公立高校入試情報ページ

倍率は確かに大切だけど!

このブログを読んでくださっているのがKOSHIN学院の「生徒」「保護者」の方であれば、倍率をどう読むかというのは「」に任せて欲しいです。私が責任もって全受験生について調べます。

しかーし!

倍率も大切ではあるのですが、要するに「文句なし!」の点数を取ってしまえば良いのです。

私は生徒達に「ギリギリのビリで合格したいか?」と問いかけます。その場合「倍率」は重要な問題になります。

しかーし!

文句なしの良い点数を取れるのであれば、志願変更する必要なんかありません!

ですから「倍率の心配」は私に任せて、受験生の皆さんは「しっかりと勉強」してください。

これは他塾に通っている受験生の皆さんにも同じことが言えます。

よほどひどい塾でない限り「入試に関する情報」はしっかり集めているはずです。

倍率が心配なら皆さんが通っている塾の責任者の方や中学校の入試担当の先生に相談するとして、みなさんは「しっかり勉強」して欲しいです。

さあ! 神奈川県公立高校入試まであと19日です!

風邪ひいたり怪我をしたりしないようにして頑張ってくださいね!

そして体調がすぐれないようだったら、思い切って早く寝て次の日に元気に勉強出来るようにすることも大切です!

不安なので熱があっても学校や塾に行きたい気持ちも分かりますが、そんな時は早く治すことに専念しましょう!

それでは今日はこの辺で。 また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】