小学生のお子さんをお持ちのお母様へ!・・【学習塾】

今日はタイトルそのままなんですけどね、小学生のお子さんをお持ちのお母様方にお願いがあります。

それは

お子様の宿題を手伝わないでください!

ということなのです。確かに「自分の子」が勉強分からなくて困っていると、つい口を挟みたくなる気持ちも分からないではありませんが、少なくとも「学習塾の宿題」は手伝わないでいただきたいでのす。

これは私だけでなく、ほぼ「全国の塾の先生」からのお願いと言っても過言ではありません。

我々塾の先生にとっては「生徒がどこでつまずいているのか、どこが分かってないのか」を知ることが「生命線」なのです。

小学生に宿題を出す場合、こちらとしても最初から「全問正解」などは期待していません。どこができないかを知って、そこをできるようにしてあげたいのです。

にもかかわらず「お母様が全て解いて教えてしまったら」生徒がどこが分からないのかが分からなくなってしまいます。

ちゃんと指導しようとしている先生ほど困ってしまいます。どうしても不安でしたら直接通っている塾の先生にご相談なさることを強くおすすめします。

 

どうしても分かってくれなかったお母さん

 

またまた私の苦い思い出です。塾の先生になって初めて「生徒のお母さん」と口喧嘩をしてしまったことがありました。

当時小学校2年生だった女の子のお母さんがいました。その生徒はかなり勉強が遅れていました。だからこそお母様もお嬢さんを塾にあずけてくれたのですけどね。

私としては「自分のチカラ」で解いて欲しかったのです。できないならできないでも構わないから「自分のチカラ」で解いて欲しかったのでした。

ところが宿題はいつも「全問正解」なのです。そりゃそうです。だって「お母さんが解いた」のですから。

何度もそのお母さん注意したのですが、それでも「娘が分からないと言っているから」とか「分からなくて泣いてるから」と言って全部教えちゃうのです。

正確に言うと「答えを全部教えちゃうだけ」なのです。

はっきり言っちゃおうかな!

もうね、バカバカしくて丸付けをする気もなくなりました。そしてそのお母さんに「私の言ってることをご理解いただけないならお預かりできません!」とはっきり言っちゃったのでした。
※バカだよね。そんなこと言わなければ毎月お月謝持ってきてくれるのに・・

こうした傾向は「小学校低学年」の生徒に多いのです。小学校低学年の問題ならお母さんが解けちゃいますから。

しかーし!

お子様の宿題は手伝わないでください!

それは自分の子どもの能力を潰していることですよ!

何度も繰り返しますが、それでも不安でたまらないのでしたら今通っている塾の先生に相談してください。

現在KOSHIN学院にも小学生もたくさん通ってきてくれています。なかにはものすごく勉強が遅れていて大変なことになっていた子もいました。それでも保護者の方に「絶対に塾の宿題は手伝わないでください!」とお願いして、グッと我慢して頂きました。

その生徒のお父さんも最初はすごく不安で、何度か相談に来られたこともありました。

しかーし!

一年もしないで、その生徒はメキメキと実力を付けてきました。最初は字も汚くて解読不能なくらいでしたが、1年でかなり綺麗に漢字を書けるようになってきました。

生徒本人も大変だったと思うけど、グッと我慢してくれたお父さんも大変だったと思います。

だって自分の子どもが「勉強出来なくて泣いてたら」そりゃ心配ですよね。

しかーし!

だからこそ私だって心を鬼にして「今が頑張りどころだよ!」と生徒を叱咤激励しながら指導しました。

しかーし!

本人の頑張りとご両親のご協力のおかげで、今では「塾に来るのが楽しみ」だと言ってくれるようにまでなりました。お父さんのお話では「小学校の先生」にも褒められたそうです。

 

塾の先生は生徒がどこが分からないのかを知りたい!

 

生徒がどこでつまずいているのかを知ってあげることから「指導」は始まります。これは「医者」になぞられると分かりやすいと思います。

病院に行けば「どこが痛いのか? 熱はあるのか?」などの診察をして、病気の原因を探ります。そしてその症状によって治療の方法を考えます。

塾も同じです。「どこからできていないのか? 計算はできるのか?」などと診察して、それによって対処を考えていきます。

私達塾の先生は「足し算ができないにしても、繰り上がりのない足し算ができないのか、繰り上がりがあると分からないのか。引き算の繰り下がりはできるか?」などいろいろなことを知りたいのです。

お母さん! あなたがお子さんに「答えを全部教えてしまったら」塾の先生達は、あなたのお子さんの躓き(つまずき)の原因が分からなくなってしまいますよ!

我々は正しい処方箋を出さなければなりませんから。

これは「中学生」でも同じなのです。お母さんが「教えられた」としても、そこはやはり「塾の先生」に相談してください。

それでは今日はこの辺で! また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】