中1生の考えの甘さが好きなんだよね・・【学習塾】

今日は神奈川県公立高校入試の合格発表でした。無事合格した人も残念な結果に終わった人も、とにかくお疲れ様でした。全国レベルで考えれば「入試がまだこれから」なところもあります。それぞれの地域で中3生は「泣いて済むなら今すぐ泣きたい」くらい頑張った生徒がたくさんいると思います。

KOSHIN学院の中3生も合格発表後みんな塾に「入試得点の報告」にきてくれました。みんな「やり切った」という素敵な表情をしていました。本当にお疲れ様でした。

 

中学1年生って中3とは全然違うんです!

 

これは今日「中学1年生」に勉強を教えていたときのことです。ある中1生が数学の勉強をしていたのですが、図形の問題で「バツ」がたくさんついてしまいました。

KOSHIN学院では「間違えが多かったページ」は「もう一回」やり直しすることになっています。

こんな時に「中3生」達なら「塾長! もう1回この問題やりたいので、プリント出してください!」と言ってきます。今年の中3生は「全員」こんな言葉を言えるようになりました。これはまさに「中3生達の大きな成長」です。

もちろん中1生達も、中3生と私のこんなやりとりは何度も耳にしています。

 

しかーし!

 

先ほどの生徒は、どうにかこうにか「そのページ」をやり終えたんですけどね。その子の口からこんな言葉が飛び出しました。

分かってます! もう一回やるんですよね。でも塾長!『あとで』で良いですか?

この言葉の裏には「今やっと終わったばかりなので、今はそんなに攻めないで」という気持ちが含まれていました。

この辺が「中1」なのです。とても真面目な良い子なんですけど、中3生ほどには自分に厳しくなりきれません。

若かりし頃の私なら「ふざけるな! さっさとやれ!」くらいのことは言ってたかもしれません。

しかーし!

もし「ふざけるな! さっさとやれ!」なんて言われてたら、その生徒は完全にやる気をなくしていたと思うのです。たぶん私はそんな言葉で生徒達を傷つけてしまったことが何度もあったのだと思います。
※当時の生徒の皆さん本当にごめんなさい。でも当時はそれが正しいと信じていました。

だ・か・ら!

今日はこの生徒に「分かったよ♪ ではあとでちゃんとやろうね!」と言って終わりにしました。

卒業生の中には「塾長! 私達の頃はもっと厳しかったじゃん!」って思う人もいるかもしれません。

変な言い訳になっちゃうんだけど、それは「私も若かった」からなのだと思います。

 

私は「自信があったから」塾の先生になったわけじゃないの。全然自信なんかなかったけど、だからそれをカバーするために、とにかく「全力」で戦ってたの。自分で言うなと言われそうだけど、誰だって最初は「初心者」なのですから。

しかーし!

こうして何十年も指導をしていると、昔は見えなかった景色が見えるようになってきたの。多分人はこれを「経験」と呼ぶのだと思います。

 

上から目線で攻撃的に指導するのも時には必要だと思いますが、こうして一旦生徒の気持ちを受け止めてあげる「余裕?」が生まれてきました。こうして十分に生徒を私の方に引きつけておいて、それからが「本当の勝負」なのではないかと思うのです。
※こんな芸当は若い頃はできませんでした。

 

この中1の甘さが好きなんだよね♪

 

もし中1生が塾に来る前から「全て完璧に勉強の仕方ができていたら」どうでしょう? なかには既に「ほぼ完璧だった」生徒もいましたけど。しかも3兄弟で通ってくれて3兄弟共に現在は医者として社会で活躍してくれています。

でもほとんどの中1生は、そこまで自分を厳しく律しきれるものでもありませんし、そこまで勉強の仕方が確立している子もいません。

むしろこの甘さこそが「伸びしろ」なのではないかと思っています。

 

  • 自分がまだ上手にできないことをひとつずつできるようにしていく
  • 自分が得意だと思うことを更にできるようにしていく

こういう姿勢を持てるようにしていくことは、我々「プロの塾教師の醍醐味」だと思います。

こんなエラソーなことを「今でこそ」書いていますが、若かりし頃「なんでこんなことができないんだ!」なんて言ってしまったことが何度もありました。
※しかーし! それが私にできる精一杯のことでしたし、それで立ち直ってくれた生徒が殆どでした。ただ「全員」じゃなかったのは事実です。

でも私も「進化」しています。

中1生の「甘さ」を一旦受け容れて、徐々に「こちらのペース」に巻き込んでいくのがKOSHIN学院の指導スタイルになってきました。

まだ「上手にできないことがたくさんある」けど、それでも「毎日一生懸命頑張って塾に来る」ようになってくれくれた中1生達。

またさらにそういう「中学生達」を見ている「小学生の子達」・・・。

そうやって「良い伝統」が脈々と流れていく塾にKOSHIN学院をしていきます!

最後にもう一回!

中3生の皆さん! 本当にお疲れ様でした!

よく頑張った! 感動した! 

小泉元総理大臣風に(笑)

 

それでは今日はこの辺で! また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】