学校の提出物は出さなければいけません!・・【学習塾】

学校の提出物を出さないと成績に「」がつくことがあります。現在は相対評価ではなく「絶対評価」なので「どんな生徒が1になるか」という基準がはっきりしています。

 

成績にがつく主な理由

  • 提出物を出していない
  • 授業態度が悪い

逆に言うと試験の点数が悪くても「真面目に授業を受けて」「ちゃんと提出物を出せば」成績に「」がつくことはないと言えます。

 

  1. 提出物は必ず出しましょう!
  2. 丁寧に書いて出しましょう!
  3. それがルールだから。

 

提出物は必ず出しましょう!

 

先日もこのブログで書きましたが、地元の中学校の「新中学2年生」に対して中学校から大量の英語の宿題が課されました。そもそも「春休み」に宿題が出ること自体が珍しいんですけどね。

 

正直な感想を言ってしまうと「1年生の間に終わらなかったドリルの残り」を全部宿題にしちゃってるような気がします。これだけの量の宿題を10日間しかない春休みにやらせるのはかなり厳しいと思います。

 

しかーし!

 

やってる生徒はちゃんとやっています!

 

KOSHIN学院でもほとんどの生徒が一生懸命頑張っていますが、一部の生徒は「やらなければいけない」ということが「本当の意味」では分かっていないのが実情です。

 

確かに朝から毎日のように部活があって、その部活でクタクタになっているのに「この宿題の量」ですからね。生徒達は本当に可哀想ではあるのですが・・・。

 

塾の先生」という立場からすれば、「成績をあげる為にオカネを頂いている」わけですから、この「提出物」をなんとしてもやってもらわなければなりません。

※正直なところ「学校の提出物」まで塾で面倒みなければならないのかという気もしますが、現実問題やらなければ成績が下がってしまいます。何よりも「真面目に頑張ってる生徒」が可哀想です。ただ「中学校の先生」にももう少し「現状を考えて欲しい」とも思いますが。

 

しかーし!

 

新中2生の中には

 

  • あとどのくらい宿題が残っているのか?
  • あと何日で終わらせなければいけないのか?

 

なんか全く考えもせずに勉強している子もいます。

 

今日はそういう生徒に注意をしました。注意をしたんですけどね「なんで俺がこんなこと言わなければならないんだろう」とも思いました。

 

そんなの「宿題を出した学校の先生が責任取れば良いじゃん!」と思いました

 

しかーし!

 

悪い成績を付けられてしまうのは「うちの生徒達」ですからね、私が「悪役」を引き受けるしかないのです。だって一番可哀想なのは生徒達ですから。

 

丁寧に書いて出しましょう!

 

社会人」になれば、「こちらの思い通り」にならないことなんか掃いて捨てるほどたくさんありますね。ここで中学校の先生に反抗しても何の意味もありません。

 

逆に考えましょう!

 

この宿題をちゃんと提出すれば良い成績がもらえるのです!

 

どちらにしても「やらなければならない」のですから、どうせやるなら雑にいい加減にやるのではなくて、ちゃんと「自分の実力を付ける」ためにやりましょう!

 

私自信もそのように気持ちを切り替えていますし、生徒達にもそのように伝えています。

 

  • 学校のドリルを「自分で丸付け」をして提出
  • 配布したプリントと全く同じ問題でテストをする

 

という指示が学校から出ています。でも「せっかく」やるのですから、自分の実力を身につけるためにやって欲しいのです。

 

ですから「丸付け」は全て私とスタッフで行っています。これは「通常の授業と同じスタイル」です。

 

生徒があまりよく分かっていないようなら、ちゃんと説明してあげています。場合によっては「類題」を数問出してあげたりもしています。

 

汚い字で書いている生徒には「丁寧に書くように指示」をして、やり直しをしてもらっています。

 

新中学2年生達にとっては、この春休みはとても厳しいものになってしまいました。

 

しかーし!

 

でも「ちゃんとやり切って」しかも「丁寧にやって」中学校に提出しましょう!

 

それでは今日はこの辺で! また明日!

 

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】