試験前日にもかかわらず・・【学習塾】

今日は「私の指導の至らなさ」についてのお話しです。

 

KOSHIN学院の地元「平塚市立神田中学校」では明日から「前期中間試験」が始まります。

 

ほとんどの生徒が「試験範囲の勉強」を終えているんですけどね・・・

 

2名ほど「終わってます!」とか言ってるわりに、全然身についてない子がいます。

 

じ・つ・は!

 

この2人「学校の提出物」が終われば試験勉強も終わりだと思っていたようです。その「提出物」もほとんど「答えを写しただけ」に近い状態・・
※塾でそんなの見つけたら「母ちゃん呼び出し!」ですけどね。

 

どうして「いつの時代もこの手の生徒はいなくならない」のでしょうか(>_<)

 

答えを写しただけのようなことをしているから、試験前日の今日になっても基礎からして身についてないの・・・
※これって完全に私の敗北・・・。

 

とにかく一刻も早く終わらせてラクになりたいだけ・・・。私に叱られたくないからやってるだけ。

 

本当にできるようになりたいという気持ちはないのか!

 

中学生に勉強を教えるということは、こういうことが付きものなんです。

 

生徒に対してと言うよりも「自分に対して」すごく腹が立ちました・・・。

 

なんのために塾に通ってきてるのか!?

 

ほとんどの生徒は「完全」とは言わないけど、みんな一生懸命それを追求して頑張っています。

 

でもそのレベルに達しない子がいるんです。しかも毎年!

 

しかーし!

 

レベルに達しない子の8割9割以上の子は、その後「普通のレベル」くらいまではあがっていくんですけどね・・・。

 

ただーし!

 

塾を辞めないでヒッシに頑張る子だけです!

 

ではどうしたらヒッシに頑張るようになるのか?

 

じつは! この子達は「自分の考えの中」では頑張ってるつもりなんです。

 

だから一生懸命「答えを写してくる」ようなことをするんですから。

 

ただ!

 

頑張るというのは、どういうことなのか!

 

幼さ故なのか、ただ面倒くさいだけなのか。

 

本当に勉強出来るようになるにはどうしたら良いか!

 

ということを教え続けるしかないのかと。

 

そこで保護者の皆さんにお願い。

 

塾長
こんな状態の時は見守ってる保護者の方の方が辛いですよね。でも保護者の方が投げ出したらもうお仕舞いです!

 

心中お察しいたしますが、教育は電子レンジで「ち~ん!」という訳にはいきません。

 

私だって悔しいんですけどね。・・だからといって「圧力をかけるだけ」でもいけません。

 

褒めたり叱ったり・・・。何年もかかって成長してくれるのを待つのも教育なのかなと。

 

それでは今日はこの辺で。また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】