なかなか「全教科」良い点数を取るのは難しい【学習塾】

地元の「平塚市立神田中学校」では、先週で中間試験が終わり本日から試験の結果が返ってきています。

 

私がいうのもなんですが、「生徒達はよく頑張った!」と思います。
※あの子達なりにという言葉が付きますけど。

 

最初にKOSHIN学院に来た時のことを思えば、あの子達がどれほど成長したかを感じられる結果でした。

 

塾長
よく頑張ったじゃん! すごいじゃん!

 

と褒めてあげたんですけどね・・・・

 

一瞬ちょっと喜んだものの、本人達は「まだまだ不満足だ」という表情をしていました。
※こんなところにも成長を感じました!

 

聖子さん
だって英語が思ったよりできなかったんだもん。。

 

優作くん
俺はどうしても国語の点数があがらないんです。。。

 

私は「こんな会話」にも生徒達の成長を感じました。

 

だって優作君も聖子さんも、初めて塾に来た時は「自分が出来ないことを隠してばかり」だったのですから。

 

ハッキリ言って全然勉強の仕方もなってない子達でしたし。

 

しかも「部活の練習」も厳しくて、フラフラになりながらも塾は休まず通ってきて。

 

数カ月前の自分の気持ちではなく『頑張ってここまでやったからこそ』の悔しさなのでしょう。

 

この「悔しい気持ち」を忘れて欲しくありません!

 

勉強でもなんでもそうだけど、「なにもやらなかった」時に点数が悪くても悔しくもなんともないんだよね!

 

そりゃ「私の目」から見れば、もっともっと出来たと思うけど・・・

 

これはこの4月から通い始めた生徒のお母さんの話です・・

 

お母さん
うちの娘は試験対策から帰ってきて「他の子はまだ塾で残ってやってたけど、私はもう限界なのでかえって来ちゃった」って言ってました。でもあの子にしたらすごいですよね!

 

とおっしゃってました。

 

本当にお母様のおっしゃる通りだと思います。

 

僅か2ヶ月前に塾に入ったばかりで、しかも「生まれて初めて」こんなに長い時間勉強して。

 

もう何年も通ってきている生徒だと、10時間以上塾で勉強してても全然平気なんですけどね、「生まれて初めて5時間も勉強した」生徒にしてみたら、これはとてつもなく大変なことだったと思います。

 

ちなみに先ほど悔しがった「聖子さん」は、入塾して半年くらい経ちました。彼女はもう7~8時間なら平気でやるようになりました。

 

だから聖子さんは「一科目だけ思ったほど点数を取れなかった」ことに対して、あんなに悔しがったのでした。

 

 

あれほど頑張っても「全科目」良い点数というのは難しい!

 

うちの生徒達の心の中に「あれほど頑張ったのに、一科目だけうまくいかなかった」という悔しさが出てきたのは、本当に素晴らしいことだと思います。

 

しかーし!

 

  • 全教科良い点数というのはそんなに簡単じゃない!
  • これこそが中学の勉強が大変だという大きな理由!

 

なのです。

 

だから「スゴイ量の勉強」をしないと追いつかないんです。

 

しかーし!

 

やらない子はやらないの!

 

私がいうのもなんですが、うちの生徒達は本当に頑張ってます
※まだ「彼らなりに」という言葉が付くけど

 

だから「やる子とやらない子の差」は広がるばかり。

 

既に小学校2年生では、かなりの学力差が付いているのが現実ですから。

 

 

どうしたら「全科目良い点数」を取れるのか?

 

これが簡単にできるなら塾なんか要らないです。生徒によって「出来なかった箇所」もちがうし、理解度も違うから「こうすれば良い!」なんていうものはあり得ません。

 

月並みな言い方だけど

 

まずは、しっかりとテスト直しをすること!

 

これに尽きると思います。「どこまで詳しくテスト直しができるか」が勝負です!

 

そのうえで「時間の試験に向けて、何をどう勉強していくか!」を考えながらやりましょう!

 

それでは今日はこの辺で! また明日!

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】