英語の単語が覚えられません!・・【学習塾】

他塾の先生からこんな質問をいただきました。

 

英語の単語を100回書かせても覚えられない生徒がいるんですけど、どうしたら良いでしょうか?

 

実は私自信も「100回書いて覚えようとしたこと」があるんです。

 

結論から言うと100回書いても覚えられませんでしたσ(^_^;)

 

覚えられなかったどころか、途中から集中が切れて「違う文字」になってしまいましたσ(^_^;)

 

ですから私は「100回書き」とか「10回ずつ書いてくる」というような宿題は今は一切出していません。

 

だって意味ないもん!

 

単なる「罰ゲーム」ですよ、そんなの。
※ごめんなさい、質問してくれた先生を批判したいわけではないんです。あくまで「事実」を語っているのです。

 

昨日のブログでご紹介した星槎国際高等学校の「土屋恵三郎監督」のスパルタ時代の指導みたいなものです。そんなんじゃ「ちゃんと考えている生徒」は付いてきません。

 

正直なことをいうと「学校の夏休みの宿題」にも、はっきり言って「意味がない」と思う宿題が多くあります。
※これはまた別の機会に

 

 

ではどうすれば覚えられるのでしょうか?

 

私の場合「英単語」を覚えるのが苦手な生徒には、基本的に最初は一切書かせません!

 

多くの生徒の場合「覚えられない」のではなくて「覚え方を知らない」のです。

 

おそらく小学校の授業などで「暗記の仕方」なんか教わってこなかったか、教わっていても全く頭に残っていなかったのではないでしょうか。

 

ではどうすれば覚えられるのか?

 

それにはまず「口で言えるようにしてあげる」ことです。

 

例えば

塾長
「本」ってなんていうの?

生徒
ブック!

 

塾長
では「机」は?

生徒
デスクです!

 

最初は「指導者」がこんな風にペースを作ってあげます。KOSHIN学院の場合は卒業生スタッフの仕事にしています。

 

私よりも卒業生スタッフの方が、生徒に重圧がかからないからです。どうしても「塾長」って怖いもんね。特にお勉強が苦手な子の場合腰が引けちゃうことが多いですから。

 

 

ある程度慣れてきたら自分で練習できるように指導

 

こうしてある程度口で言えるになってきたら・・・

 

今度はノートに「日本語」だけ書いておきます。

 

  • (1)鉛筆
  • (2)教室
  • (3)消しゴム
  • (4)ノート
  • (5)
  • (6)

 

のような感じで構いません。その日本語を見て「英語で言えるように」なるように「自分だけで」練習してもらいます。

 

ここまで「自分だけでできるようになれば」8割方完成と言えるでしょう。

 

こうすれば10回書く時間があれば100回くらい「口で言う練習」ができるからです。つまりすごく効率が良いので、生徒も飽きないんです。

 

しかーし!

 

まだ「書く練習」はさせません。

 

 

ここで「エアーペンシル」の登場です!

 

お勉強が苦手な子は「たくさん書く」ということに対して拒絶反応を示す場合があります。

 

「100回書いても覚えない」のは「書くことに意識が集中」し、「覚えること」頭が使われていないからです。

 

そこでオススメなのが Air Pencilです!

 

しかもこれ「無料」なんです!

 

使い方はすごく簡単です。例えば「本」「ブック」だからスペルは「book」だと覚えたいとします。

 

そしたら人差し指を前に突き出します。そこで空気に向かって「book」と声を出して読みながら  b o o k と指で書くのです。

 

こうやって「本」→「ブック」→「book」となるように練習します。エアーペンシルのメリットはたくさん練習できることです。

 

そして最後に単語テストをして、正しく覚えられたかチェックすれば完璧!

 

もし覚えられなかった単語があれば、それだけ覚えなおして再びもう一度全部テストしてみます。

この全部」がポイントです。一語だけだったらすぐに覚えられても、時間が経てばすぐに忘れてしまいますから。

 

暗記が苦手な子には、最初は指導者が「ここまでできるようになるまで」付いていてあげると良いでしょう。

実はこれ「漢字の練習」なんかにも応用できます。ぜひお試しください!

 

それでは今日はこの辺で! また来週お会いしましょう!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

 

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】