『分かりやすい授業』と『分かる授業』さらに・【学習塾】

プロの教師ならば「分かりやすい授業」ができるというのは「最低限度」のことだと考えています。

 

ただ私はこの『分かりやすい授業』というのが、あまり好きではありません。

 

なぜならば・・・

 

例えば中3生の授業で「3+2=5」になるという説明をしたとします。ちょっと極端な例ですが、これならば99%の生徒が「そんなの簡単」というはずです。

 

これぞまさしく誰にでも分かる『分かりやすい授業』なのではないでしょうか。

 

しかーし!

 

中3生にこんな授業をしても、全く意味がありませんよね。

 

 

分かりやすい授業と分かる授業

 

分かりやすい授業:
生徒に分かるように「かいつまんで説明」すれば、それは「分かりやすい授業」です。生徒からすれば「分かったような気持ちになる授業」ともいえます。

かいつまんで「分かりやすく」している分、説明が不十分で生徒が「しっかり分かった」という状態にするにはほど遠いと言えます。

 

分かる授業:
なぜそうなるのかまで「しっかり説明」しています。生徒からは「なるほど! そういうことだったのか!」と思える授業です。

しかしこれだけでは単なる「知識の伝達」で終わる可能性があります。

 

私は知識は伝えたよ! あとは君達の問題。頑張ってネ! となりかねない危険性もあるんですね。

 

 

塾の先生に必要なのは「できるようになる指導」

 

私も塾の先生になりたての頃は「分かりやすい授業」をすれば、生徒の成績はあがると思っていました。

 

いろいろ工夫して「分かりやすい授業」を行いました。生徒や保護者の方からも「瀬下先生の授業は分かりやすい!」と好評をいただいておりました。

 

そのように言っていただいて有頂天になって懸命に「分かりやすさ」を追求しました。

 

しかーし!

 

「分かりやすい」という言葉とは反対に成績はあまりあがりませんでした・・・。

 

生徒
先生! 先生が昨日教えてくれた問題、テストにバッチリ出たよ~♪
おお! そうか! それじゃ完璧にできたよね!

 

生徒
できなかった~♪

 

という状態が続いた時期がありました。

 

塾長
いったいどうしたということなんだ? 何がいけないんだろう?

 

悩みに悩んだ結果、あるひとつの原因に気がつきました。

 

塾長
そうか! うちの生徒は「分かったような気持ち」になって終わっているんだ!

 

塾長
よし!  それでは演習量を増やしてみよう!

 

しかーし!

 

結果はまたしても散々な状態でした。とにかく問題を終わらせることに気を取られ、「しっかり分かる・ちゃんと分かる」という状態になることを怠っていたのでした。
※これってまさに「大量宿題の弊害」なのです。

 

こうして試行錯誤しながら「できるようになる授業」を身につけました。

 

えっ? もったいつけないで早く「出来るようになる授業」のやり方を教えてくれですって?

 

それはとてもシンプルなのです。

 

勉強の仕方を教えてあげること。その方法に沿って自分で勉強出来るようにしてあげること!

 

これに尽きるんです。

 

KOSHIN学院の生徒が2~3年も塾に通うと、見違えるほどできるようになるのはこのためです。

  • ノートの書き方がまるでなってない。
  • 単語や漢字をどうやって覚えたらよいか知らない。
  • 初歩的な計算問題からして怪しい。
  • 学校の授業の受けたかも分かってない。

 

これらの諸症状でも「やる気のある生徒」であるならば、公立高校に合格できるくらいのレベルには必ずなれます。ただしもちろん「やる気のない子はどうにもとまらない」ですけどね。

 

KOSHIN学院は「やる気のある生徒」をトコトン応援する学習塾ですから。

 

あなたのお子さんが勉強出来ない最大の理由は「勉強の仕方がまるでなってない」ことです。

 

ほとんどの教師が「勉強の仕方を教えていない」「教えられない」ことが大きな原因のひとつです。

 

それでは今日はこの辺で! また来週お会いしましょう!
※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

 

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】