生徒の皆さんに幸せですかと聞いてみた【学習塾】

今日の授業の休み時間に、生徒の皆さんに「皆さんは幸せですか?」と聞いてみました。
※別に怪しい宗教じゃないですからね(>o<)

 

どのくらいの生徒が「幸せです!」と答えてくれたと思いますか?

 

突然なぜこんなことを言い出したかと申しますと、実は83才の母親が「心臓を切る手術」を受けました。高齢だし心配なので「もう手術をして痛い思いしなくて良いのでは?」と思いましたが、母が自分で「手術を受ける!」と言いました。

 

息子としては母の覚悟を尊重するべきだと思いました。
※実は昨日ブログをお休みさせていただいたのは、今日母の手術があったからなのです。

 

あの気丈な母親の苦しそうな表情を見ていると・・・ いろいろ複雑な思いが込みあげて来ました。

 

子どもの頃は母のことを「怖い・キライ」と思ってましたが、「あの母」でなければ今日の私は無かったのかなと思います。

 

そうそう! 聞いてください! 私の母は自分が入院中にもかかわらず・・

 

私の心配ばかりしているのです!

 

ちゃんとご飯食べているか? 洗濯とかどうしてる?

 

いやいやいやいや・・それよりも「自分の心配」して欲しいんですけど。

 

しかーし!

 

それが母親の気持ちというものなのだと思います。

 

 

そして私はというと、その「母親の気持ち」を相手に仕事させていただいています。

 

 

生まれてきてくれてありがとうから始まり

 

職業柄「お母様方」とお話しさせていただくことが多いのですが、皆さん「お子さんのこと」となると、もう夢中なんです。
※だから我々塾人はオカネをいただけるのですけど。

 

私の母の口癖の一つに「親はありがたいんだよ!」というのがあります。今だから正直に言いますが、私が若かった時には「ありがた迷惑」な言葉でした。
※母ちゃん、ごめんね!

 

まさに「親の心子知らず」でした。

 

しかーし!

 

親が年老いてきて(既に父は3年前に他界)、反対に「私が年齢を重ねて」(今月ついに還暦を迎えました) 「親のありがたみ」を痛感するようになりました。

 

でもこれは「皆さんも同じ」なのではないでしょうか。

 

自分の子どものためにならば「なんでもできる」んじゃないかと思うほど母親って偉大ですよね。

 

長年塾の先生をしてきましたが、若かった頃より痛烈に「お母様方の悩みや希望」を感じるのです。

 

私に出来ることは「勉強の仕方を教えてあげて、自分でできるような子になってもらうお手伝い」くらいしかありません。

 

だからこそ、これからもKOSHIN学院を通じて皆さんのお役に立ちたいと思います。

 

それでは今日はこの辺で! また明日!

 

PS:「幸せです」と答えてくれた子は約半数でした。まだ自分が「幸せ」だということに気がついていなかったようです(*^-^)v

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】