問題を解いて終わりじゃダメ!【学習塾】

生徒の気持ちになって考えてみると、次々と現れる面倒くさい問題なんか「さっさと終わらせて次に行きたい!」と思うのは当然だと思います。

 

私だって面倒な仕事はさっさと終わらせてラクチンになりたいですもん。

 

しかーし!

 

それでは勉強が出来るようにはならないんです!

 

今日も生徒達は一生懸命難しい問題を解いていました。

 

なかには「手も足も出なくて」私にHELPを求めてくる生徒もいます。

 

分からない問題を質問できるようになってきたのは感心です。とても素晴らしいことなのでこれからも続けて欲しいです。

 

分からないものは分からないのは当然ですから。

 

もちろん私も全力で生徒に教えてあげます。難しい問題ほど「分かりやすく理路整然と」教えてあげたいですから。

 

さあ! 私も手伝ってあげて「どうにかこうにか」問題を解き終わりました!

 

すると今日教えてあげた生徒は「いきなり次の問題に進もう」としました。

 

ちょっと待ってよ~(・_・、) 

 

これで次の問題になんか進んじゃったら試験なんか全然できないんだから(>o<)

 

でもこの生徒は、最近素直に私の言葉を受け容れてくれるようになってきました。

 

ハッと気がついて、なんとかかんとか最後の気力を振り絞るように「もう一度自分のチカラだけで解き直し」始めました。

 

ワタシ、こういう生徒大好きです

 

うちの生徒は、ほとんどの子がこんな感じで頑張ってくれています。小学生でさえもです!

 

このブログを読んでくださった方のなかには「そんなの当たり前じゃん!」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 

でもその「当たり前のことを確実にやる」というのが難しいのです。

 

しかもそれを「ずっと継続すること」がすごく大切なの。

 

残念なことに小中学生で、誰にも言われなくても自分で「当たり前のことをずっと継続できる子」ってほとんどいないんです。

 

だからKOSHIN学院は「毎日通っても月謝が増えない定額制」にする必要があったのでした。
※本当は月謝を倍以上にしたいところですが、やめておきますね(笑)

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】