沢田研二さんのドタキャン【学習塾】

テレビのワイドショーで「沢田研二さんのドタキャン」に関する報道がひっきりなりにされています。

 

私は「小学生の頃」から沢田研二さんの大ファンだったのですが・・・

 

正直なことをいえば、今は沢田研二さんが何をしようが私にはどうでもよい話です。

 

ではなぜ「こんなタイトルのブログ」にしたか?

 

本当の本音を言うと、私も「教室が生徒で満員」になっている方が好きです。

 

しかーし!

 

中3生が修学旅行でいなかったり、試験が終わったばかりの日など「教室がスッカスカ」の日もたまにはあります。

 

そんな時に、以前スタッフをしてくれていた子が「今日は生徒が少なくてやる気が出ない」と言ったことがありました。

 

僕はその時そのスタッフをものすごく叱りました。

 

今来てくれている生徒に失礼だろ!

 

けっこう本気で叱りました。

 

こんな言葉を先生に言われたら生徒達は

 

生徒
じゃ、私は今日は来なかった方が良かったのかしら?

 

って思うかもしれないじゃん!

 

そんな失礼なことはありません。

 

他の子が休んだのに、その子は疲れていたのに塾に来てくれたのですから。

 

KOSHIN学院はそういう生徒をトコトン応援する学習塾なのですかたら!

 

修学旅行などで休んだ生徒を責めるつもりは全くありません。

 

しかーし!

 

修学旅行が終わって帰った来たばかりの日でも塾に来るような生徒が、私は大好きです。

 

もちろんいつも「全力」で授業をしていますが、そんな日は「いつも以上に」よく面倒みてあげたくなります。

 

疲れてたけど来て良かった♡

 

そう思って帰ってもらいたいものです。すると次回から他の子達も「こういう日に来るとよく面倒みてもらえるんだ!」と思って、塾に来るようになります。
※もちろんあまりにも疲れているときはお休みしてください♪

 

 

生徒が少ない日でなければ出来ないことをする!

 

KOSHIN学院では主に「神田中学校」の生徒が来てくれています。

 

しかーし!

 

「横内中学校」「大住中学校」「神明中学校」など少し遠いところから通ってきてくれている生徒もいます。

 

なかには「厚木市」から通ってきてくれている小学生もいます。

 

試験対策も神田中学校の試験は終了しているけれで「横内中」「大住中」の生徒はまだなんていう時もあります。

 

時には「大住中学校の生徒ひとり」のために朝から晩まで試験対策をすることもあります。

 

こんな時は「大勢いるとしてあげられないこと」をしてあげます。

 

その生徒だけのためのプリントを作ってあげたり、数学の問題などを「私と生徒のどちらが早く解けるか!」勝負したり。
※もちろんハンデはつけてあげますけど。

 

やろうと思えば、やれることはたくさんあります。

 

それを生徒が「1人しかいない」からお休みにするなんて、私にはできません。
※但し普段サボってばかりいる生徒には土日の対策はイタシマセン・・というより塾に在籍させません。(不登校などの場合は話が別です)

 

いろいろ書きましたが「沢田研二さん」を批判する意図は全くありません。沢田さんは沢田さんですから。

 

ただ「KOSHIN学院の考えはこうですよ!」ということをお伝えしたかったのでした。

 

それでは今日はこの辺で! また来週お会いしましょう!

※このブログは土日祭日はお休みさせていただいております。

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】