神奈川県公立高校暫定倍率2019

みなさんんは「カナニュウ」さんというホームページをご存知でしょうか?

 

文字通り神奈川県公立高校の入試情報を提供してくれているHPです。
カナニュウさんのHPはこちらから

 

カナニュウさんのHPに「神奈川県公立高校暫定倍率2019 各高校の倍率と注意点」という記事がありました。

 

神奈川県ではこの数年「暫定倍率」を公表するようになりました。暫定倍率とは10月時点でどの高校にどれくらいの生徒が行きたがっているかをまとめたものです。

 

暫定倍率は正式には

平成30年度公立中学校等卒業予定者の進路希望の状況

と言います。
※こちらからごらいただけます。

 

これが出てくると、私もだんだん身が引き締まってきます。

 

すでにKOSHIN学院の中学3年生は「入試対策」に取り組んでいます。入試は普段の試験と違って「合格に必要な点数を確保」する勉強をしないといけません。

 

神奈川県公立高校入試の場合は「倍率が高い年度」は、より高得点を取らなければなりません。
※その辺の細かい説明は直接ご相談ください。

 

反対に「定員割れ」した場合は、入試を受ければ合格となります。
※変な制度だと思いますが、現状はこうなっています。

 

しかーし!

 

確かに「倍率」はすごく重要なんですが、これはまだ「暫定倍率」です。これで一喜一憂してはいけません。

 

それよりも今は「入試に向けた勉強」をしっかりやる時期です!

 

では具体的に何をしたら良いのでしょうか?

 

彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず

 

と言います。詳しいことは後日このブログで書きますが、まずは「入試にはどんな感じの問題が出るのか?」知らなければなりません。

 

後期中間試験(二学期期末試験)が終わった今、中3生が一番やらなければならないことはこれです。

 

そして「テスト直しをどこまでできるか!」で勝敗が決まります。
※これも詳細は後日。

 

暫定倍率で一喜一憂している暇があったら、しっかりとした基礎を作りましょう!

 

それでは今日はこの辺で。また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】