要注意:私立専願にした生徒の皆さんへ【学習塾】

神奈川県の高校入試の特徴のひとつに「私立専願」というのがあります。

 

これは「公立高校」は受験しないで「私立高校1本」で受験するということなのですが・・

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、中学校の先生から「私立専願」で良いよと言われると、この段階でもう「ほぼ99.99%」当該私立高校に合格できるという制度です。

 

少し言葉が悪いですが、分かりやすく言うと「私立高校」というのは、我々学習塾と同じで「生徒が来てくれてナンボの世界」です。

 

となると確実に当該私立高校に進学してくれる生徒がいると「売り上げが確定」するわけです。
※言葉が悪くて私立の先生ごめんなさい。

 

ですから「私立専願」にすると、「併願」(滑り止め)の生徒より、少し点数が少なくても合格にしますよ♪ ということが起こるのです。

 

TOPクラスの難関私立高校を除けば、大概この生徒があると思っていただいて結構です。

 

学校経営を考えると「確実に当該私立高校」に入学してくれる生徒は、ありがたいわけです。

 

さらに現在では「私立高等学校等生徒学費補助金」「私立高校学費支援制度」というのがあります。

 

こうした制度があるので、かつてのように「うちはどうしても公立じゃないと困る」という考えに固執しなくて済むようになってきています。

 

 

そうなると私立を専願する生徒が増えてきます。

 

こうした制度を利用して「私立専願」にするという考え方は「あり!」だと思います。

 

またまた言葉が悪くて恐縮ですが、やはり私立は「だてに高い月謝を取ってない」のです。

 

設備も公立とは段違いだったりします。

 

しかーし!

 

ここで大きな問題が起こります!

 

それは・・・

 

12月のこの時期に合格が決まった中学3年生は・・・

 

これからおよそ「4ヶ月近く何も勉強しない」ということが起きてしまうのです。

 

公立に進学する予定の生徒達が命懸けで勉強している時期に、4ヶ月近く遊んでしまったらどうなるでしょう。

 

考えただけでも恐ろしいですよね!

 

既に合格が決まったようなものなわけですから、必ずしも難しい入試問題に挑戦しなくても良いかもしれません。
※進学する高校によって違うので一概には言えませんが。

 

しかーし!

 

それならば「高校への橋渡し」的な教材をしっかりやっておくべきです。
※もちろんKOSHIN学院でも、こうした教材を用意してあります。

 

余談になりますが、私は中学1年生の時に「夏休みの40日間一滴も勉強しなかった」のでした。すると二学期になって学校に行っても「全く授業が分からない」なってしまいました

 

全く頭が動かないし、先生の話も理解できないのです。その後みるみるうちに成績がさがり、気がついたら最下位争いをしていました。

 

ついには母親が「校長先生から呼び出し」されてしまうことに・・・

 

お宅の坊ちゃん、これじゃ行かれる高校ね~よ!

 

こんなことになっちゃったら大変ですからね!

 

 

高校合格はゴールではありません

 

高校合格はGAULではありません。他の生徒が命懸けで勉強している時期に4ヶ月近く勉強しなかったら、あっという間に高校で落ちこぼれてしまいます。

 

そんなことにならないように、「やるべきことはしっかり」やりましょう!

 

なにをしたら良いか分からなければ、KOSHIN学院の生徒の皆さんなら私に相談してください。

 

他塾の生徒の皆さんならば、今通っている塾の先生に相談すると良いでしょう。

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】