精神的重圧が厳しくなってきました【学習塾】

 

先日とある受験生のお父様から電話をいただきました。

 

どうやらお子様が「精神的重圧」が厳しくなってしまったようで、体調まで崩してしまったのだそうです。

 

それは仕方ないことだと思います。生まれて初めての緊張感ですから。

 

 

随分昔のことになりますが、私は「高校入試」の時も「大学入試」の時も、試験前一週間は下痢が止まらなかったのでした。

 

正直なことを言うと「あまり勉強してなかった」ので、自信なんか全くありませんでした。自信がないのに「大きな挑戦」をしなければならないので、それはそれは酷い緊張をしました。

 

 

ここがポイント! 練習が足りてなかった!

 

実は私12年前、48歳の誕生日に一念発起して『普通二輪』の免許を取りに行きました。

 

教習所に申し込みに行った時に、教官から400ccのバイクを見せられたときに『とてもじゃないけど、こんな大きなバイクに乗れるわけない!』って思いました。

 

案の定倒れているバイクを起こそうとしても、びくともしないのでした。もう免許取得はあきらめて帰ろうとしたのですが、教官の方達が『できるよ! 大丈夫!』なんて言うものですから、とりあえず入校してきました。

 

しかーし!

 

いざ教習がスタートしても、そもそも倒れたバイクは起こせない。ブレーキとクラッチは間違える。ウインカーを出し忘れたり切り忘れたり。もう散々な目に遭いました。

 

それでもなんとか『卒業検定』までこぎ付けたんですけどね。はっきり言って『こんなんで道路を走ったら死んじゃう』というレベルでした。

 

『一本橋』を渡る教習があるのですが、とうとう最後までちゃんと渡ることができませんでした。

 

最後の教習の日に教官から「もっと練習しておきたいことはありますか?」と聞かれたので、「一本橋と一本橋と一本橋ができません!」と言ったのですが・・

 

教官は笑いながら「それでは急制動と急制動と急制動の練習をしましょう!」なんて言うのです。
※確かに実際の道路に出たら急ブレーキの練習をしてないと命の危険がありますから。もっとも教官は最初から「急制動の練習」をさせる予定だったのだと思いますが。

 

つまり全然練習が足りていない状態のまま試験を受けなければならなかったの!

 

練習が足りてないし、自信もありませんでしたからものスゴく緊張しました。これで不合格だったらどうしよう・・・

 

いろいろな人が励ましの電話やメールをくれようとしたのですが、ひとりで集中したかったので携帯の電源はずっとオフにしておきました。
※誰かと話すのもイヤなほど緊張してたのでした。

 

 

その後生徒達に改めて教わりました!

 

それから数ヶ月後、中3生の高校入試が行われました。

 

中3生達に「緊張したかい?」と聞くと、「そんなに緊張しなかったよ♪」という返事が返ってきました。

 

さらにその生徒は・・・

生徒
だって塾で模擬試験もたくさんやってたし、これ以上できないというくらい勉強したし♪

なんて言ってケロッとしていたのでした。

 

 

その時私は改めて生徒から学びました。

 

たくさん模擬試験を受けていたので、本番もそんな感じで受けることができました!

 

もちろん私もそう思っているからこそ、受験生の皆さんにはなるべく多くの模擬試験を経験してもらっていました。

 

しかーし!

 

私が思っている以上に『生徒達の心の支え』になっていたのだと感じたのでした。

 

 

KOSHIN学院では1月から入試が終わるまで毎週土曜日を利用して『入試の模擬試験』を行います。

 

ということは、まだ『本当の勉強はこれから!』なのです。

 

「まだ本当の戦いが始まってもいないのに」びびっていてどうするの?

 

そんな話を冒頭でお話ししたお父様のお子さんに話してあげました。

 

 

 

するとみるみるうちに、その生徒の表情が明るくなりました。一気に笑顔も戻ってきました。

 

その生徒は塾に来た時には少し青ざめた表情をしていたのですが、何か吹っ切れたかのごとく再び勉強に打ち込み始めました。

 

 

受験生全員にこんな話をしました!

 

なにも緊張しているのは、その生徒だけではありません。受験生なら誰しも緊張しているはずです。

 

そこで私はうちの中3生達にこんな話をしました。

 

  • 泣いてる暇があったら単語のひとつも覚えなさい!
  • 泣いても良いから勉強の手を止めないこと!
  • 合格するのに必要な点数が取れれば良いのです!
  • できなければいけない問題さえ出来れば合格できるの!
  • 家にいて不安になるなら、塾に来てみんなで勉強しよう!

 

すると中3生全員の表情が凛々しくなってきました。

 

あまりにも不安になると、勉強が手に付かなくなっちゃうんだよね。これが最悪なの。

 

だったら「塾でみんなで勉強しよう!」というのが、普通の中学生には大変心強いことなんじゃないかと思います。

 

プレッシャーなんか「かかるのが当たり前」ですからね!

 

それでは今日はこの辺で! また明日♪

【KOSHIN学院は神奈川県平塚市田村にある、一生懸命頑張る生徒をトコトン応援する高校受験専門の学習塾です!】